メインメニューを開く

暴力団 (書籍)

溝口敦の上梓による新書版書籍

暴力団』(ぼうりょくだん、ISBN 9784106104343[1]は、日本ノンフィクション作家ジャーナリスト溝口敦の上梓による新書版書籍[2]2011年9月16日初版発行[2]。頁数204[2]新潮新書[3]ノンフィクション作品[4]

暴力団
著者 溝口敦
発行日 2011年9月16日
発行元 新潮社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
ページ数 204
次作 続・暴力団
コード ISBN 9784106104343
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

暴力団取材の分野で第一人者として知られる著者が、暴力団(ヤクザ)についてを一般向けに平易な形で解説[5]。暴力団についての基礎的な知識から最新の実態までを7部構成で取り扱う内容となっている[6]

著者によれば、“「です」「ます」の文章でエッセイ風に易しく書いている”が、“暴力団ものの集大成”[7]。暴力団の組織構造から、いわゆる「シノギ」(収入源)、出世の仕方、恐喝の手口、若手構成員のリクルート方法、芸能人との関係、ならびに暴力団に脅された際の対処法に至るまでを多岐にわたって取り扱う[8]。暴力団が主題ではあるものの、関東連合などのいわゆる「半グレ」への言及なども収めている[9]

発売から6日で7万部[10]、2週間足らずで9万部[11]、2週間あまりで10万部[12]、そして46日目で20万部を突破[13]。27.5万部のベストセラーとなった[14]。2012年には続編にあたる『続・暴力団』(新潮新書)が発刊[15]。こちらもベストセラーとなっている[16]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 暴力団』 - CiNii 図書
  2. ^ a b c 溝口敦『暴力団』』 - 新潮社
  3. ^ 暴力団 [著]溝口敦 - ベストセラー解読(週刊朝日)永江朗 2011年11月25日 BOOK.asahi.com
  4. ^ ノンフィクション 「暴力団」が1位 ベストセラー』 2011年10月19日 日本経済新聞
  5. ^ 暴力団 [著]溝口敦佐々木俊尚 2011年11月13日 BOOK.asahi.com
  6. ^ 新書『暴力団』急上昇~暴排条例施行でさらに関心高まる』 2011年10月6日 オリコンスタイル
  7. ^ 暴力団』 : “あとがき” (p.202) 溝口敦 2011年 新潮新書 ISBN 978-4-10-610434-3
  8. ^ 暴力団 溝口敦著』 2011年10月26日 東洋経済オンライン
  9. ^ 暴力団 (新潮新書 434)リンク消失 (http://news.livedoor.com/article/detail/5983269/) 2011年10月31日 ライブドアニュース
  10. ^ 発売わずか6日で7万部 新潮新書・溝口敦著『暴力団』』 2011年9月27日 新潮フラッシュニュース
  11. ^ 『暴力団』の著者・溝口敦氏 9月30日 BSフジLIVE「プライムニュース」生出演』 2011年9月29日 新潮フラッシュニュース
  12. ^ 『暴力団』(新潮新書)10万部突破 著者、溝口氏のメディア情報』 2011年10月6日 新潮フラッシュニュース
  13. ^ 溝口敦著『暴力団』(新潮新書) 発売46日目で20万部突破』 2011年11月7日 新潮フラッシュニュース
  14. ^ ヤクザの実態描き続ける溝口敦氏 過去に3回襲われている』 2012年2月6日 NEWSポストセブン
  15. ^ 「続・暴力団」溝口敦著』 2013年1月21日 ゲンダイネット
  16. ^ ベストセラー『続・暴力団』の筆者が、暴力事件が続発する北九州の武闘派組織本部で本音を直撃! 工藤會・木村博幹事長「日本警察との全面対決」を語る(1/6)』 2012年11月30日 現代ビジネス