メインメニューを開く
江戸時代の曳舟川の様子。曳舟をする農夫の姿を描いている。『名所江戸百景』より。

曳舟(ひきふね)は、東京都墨田区東向島付近の通称地域名。行政区分上ではこの地名は存在しない。東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・亀戸線曳舟駅京成押上線京成曳舟駅がある。

地名の由来編集

曳舟川(別名:葛西用水・また、江戸時代初期は亀有上水と言われていた)の沿川であったため。曳舟川の名前の由来は、葛西用水の飲料用水(=上水)としての役割を終え、灌漑用水水路化した江戸時代半ばに、小舟を川沿いから牽引する「曳舟」に多用されたことから。上水としての利用廃止の主な理由は、洪水で堀が埋もれることが頻発したこと、本所あたりは堆積地域であり地中に海水が混じっており飲水に不適当であったこと、また井戸が容易に掘れたことなどである(とはいえ、多くの井戸からは海水が出てきたと言われる)。なお、曳舟川は昭和20年代後半に埋め立てが開始され、すでに存在しない。

関連項目編集