メインメニューを開く

最終防護射撃(さいしゅうぼうごしゃげき、Final protective fire)は、歩兵部隊が防御において敵の突撃を破砕するための戦術である。 名前の「最終」が意味するように防御の最終手段であり、この戦法をもってしても敵の突撃が破砕できなかった場合は、最後の手段として白兵戦が行われる。 陸上自衛隊においては、突撃破砕射撃と称している。

概要編集

最終防護射撃の要点は、狙って撃つのではなく、敵を発見、あるいは敵の気配を察知したら、その場所に徹底的に大量の機関銃弾や迫撃砲弾などを撃ち込み、そこに存在するであろう敵兵が確実に死傷するだけの火力を投入することで、確率論的に敵を殺傷することを目標としている所にある。
発動の要請権は、前線中隊長にあり、大隊長の承認によって発動され、他のどの戦術よりも高い優先順位を持っている。
この戦術は、第二次世界大戦において日本軍バンザイ突撃を破砕し、ベトナム戦争でも威力を発揮した。

第二次大戦では、以下のような射程の短い軽火器が主に使用された。

出典編集

関連項目編集