メインメニューを開く

有島 通男(ありしま みちお、1911年(明治44年)- 1955年(昭和30年))は昭和期の歌手

経歴編集

石川県金沢市出身。

1934年(昭和9年)東洋音楽学校卒業。

1935年(昭和10年)テイチクレコードからデビュー。「春まだ浅く」、「酒の中から」などのヒットで知られる。昭和12年、コロナレコードの創設に参加。レコーディング数は多かったものの、コロナの倒産により、翌年親会社のポリドール・レコードに移籍。「蒙古旅愁」など数曲が発売されるが、昭和15年にタイヘイレコードに移籍。1942年(昭和17年)にタイヘイがキングに買収された後は、古巣テイチクに戻り、終戦直前まで「子宝ぶし」などがリリースされている。

戦後は地元金沢に帰り、歌謡教室を開いていた。1955年(昭和30年)に死去。