朗州(ろうしゅう)は、中国にかつて存在した隋代から北宋にかけて、現在の湖南省常徳市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代編集

560年天嘉元年)、南朝陳により荊州天門郡義陽郡南平郡郢州武陵郡を分割して設置された武州を前身とする[1]575年太建7年)、武州は沅州と改称された[2]

隋代編集

589年開皇9年)、隋が南朝陳を滅ぼすと、沅州は嵩州と改称された。596年(開皇16年)、嵩州は朗州と改称された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、朗州は武陵郡と改称され、下部に2県を管轄した[3]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
沅州 武陵郡
武陵郡 武陵県 竜陽県
臨沅県 沅南県 漢寿県 竜陽県 酉陽県

唐代編集

621年武徳4年)、蕭銑を平定すると、武陵郡は朗州と改められた。742年天宝元年)、朗州は武陵郡と改称された。758年乾元元年)、武陵郡は朗州の称にもどされた。朗州は江南西道に属し、武陵・竜陽の2県を管轄した[4]

宋代編集

1012年大中祥符5年)、北宋により朗州は鼎州と改称された。1165年乾道元年)、南宋により鼎州は常徳府に昇格した[5]

脚注編集

  1. ^ 陳書』世祖紀
  2. ^ 『陳書』宣帝紀
  3. ^ 隋書』地理志下
  4. ^ 旧唐書』地理志三
  5. ^ 宋史』地理志四