乾道(けんどう)は、中国南宋時代に孝宗の治世で用いられた元号。1165年 - 1173年。

西暦等との対照表編集

乾道 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年
西暦 1165年 1166年 1167年 1168年 1169年 1170年 1171年 1172年 1173年
干支 乙酉 丙戌 丁亥 戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳
大定5年 大定6年 大定7年 大定8年 大定9年 大定10年 大定11年 大定12年 大定13年
西夏 天盛17年 天盛18年 天盛19年 天盛20年 天盛21年 乾祐元年 乾祐2年 乾祐3年 乾祐4年

出来事編集

  • 乾道元年
    • 正月元日:即日改元
    • 正月9日と和約を結ぶ(2度目)。両国関係は叔姪と定め、金に送る歳貢の名称を歳幣に改める。歳幣の内容として、は5万両減らして20万両、は5万匹減らして20万匹となる。国境は従来通り淮水から大散関に至る境界線を維持する。
    • 8月7日郴州の渓峒蛮の反乱が平定される。
    • 9月29日:淮水沿いの諸州に都巡検が設置される。
  • 乾道2年
  • 乾道3年
    • 正月11日:三省戸房国用司が設置される。
  • 乾道4年
    • 正月19日秦檜の子孫に与えられた蔭補を剥奪する。
    • 5月25日:乾道暦が施行される。
    • 7月:西夏の密使が四川に来て西藩を挟撃することを提案したが、実現しない。
    • 7月10日:沿江水軍制置司を廃する。
  • 乾道5年
  • 乾道6年
  • 乾道7年
    • 2月19日:寺院・道観の税役免除を撤廃する。
    • 3月1日:宋が金に国書の受付のための礼式を改めることを求めたが、断られる。
  • 乾道8年
    • 正月元日:『乾道勅令格式』が公布される。
    • 2月6日:尚書僕射・同平章事の官名を丞相に改める。
    • 9月:明州知州の趙伯圭を通じて日本に国書と贈り物が送られる(日宋貿易)。
    • 9月12日:虞允文が自ら請うことにより四川宣撫使に赴任する。
  • 乾道9年
    • 2月12日黎州青羌が乱を起こす。
    • 3月2日:金との国境地帯にて銀・絹の交易を禁ずる。
    • 8月16日:水利の振興を勧める詔勅が出る。
    • 10月28日:金の賀生辰使が国書の受付をめぐる摩擦のため返る。
    • 11月9日:翌年より「淳熙」へ踰年改元の詔が下る。

関連項目編集


前の元号
隆興
中国の元号
南宋
次の元号
淳熙