メインメニューを開く

望月 芳郎(もちづき よしろう、1925年12月6日 - 2003年4月5日)は、フランス文学者中央大学名誉教授。

東京府生まれ。松本高等学校文科甲類を経て、1950年9月東京大学仏文科卒。1956年ころから中央大学に勤務し、教授を1996年まで務めた。ル・クレジオの研究・翻訳で知られるが、ジャプリゾなどの推理小説も訳した。

翻訳編集

  • モンテルラン『欲望の泉のほとり』ダヴィッド社 1955
  • マルジュリ『ヴィナスを追うもの』新潮社 1957
  • ビクトル・アレクサンドロフ『熊と鯨』東京創元社 1960
  • ジョルジュ・シムノン『影絵のように』1961 創元推理文庫
  • ミッシェル・ルブラン『不許複製』1962 創元推理文庫
  • ピエール・ド・ボワデッフル『小説はどこへ行くか』講談社 1963
  • カトリーヌ・アルレー『死の匂い』1963 創元推理文庫
  • セバスチアン・ジヤプリゾ『シンデレラの罠』1964 創元推理文庫
  • ジャック・ペレー「けもの」『世界文学全集 第37』集英社 1966
  • ジャブリゾ『寝台車の殺人者』1966 創元推理文庫
  • アラン・ロブグリエ『覗くひと』冬樹社 1966 のち講談社文芸文庫
  • ジャプリゾ『新車の中の女』1968 創元推理文庫
  • J.M.G.ル・クレジオ『大洪水』河出書房新社 1969 のち文庫
  • 『夜明け コレット著作集 5』二見書房 1970
  • 『パリのクローディーヌ コレット著作集 2』二見書房 1971
  • ル・クレジオ『逃亡の書』新潮社 1971
  • ミッシェル・ルブラン『贋作・モンタージュ写真』三輪秀彦共訳 1972 (創元推理文庫)
  • 『ル・クレジオは語る』ピエル・ロスト 二見書房 1974
  • ル・クレジオ『巨人たち』新潮社 1976
  • ジャプリゾ『殺意の夏』1980 (創元推理文庫)
  • 『マヤ神話 チラム・バラムの予言』ル・クレジオ原訳 新潮社 1981
  • ル・クレジオ『砂漠』河出書房新社 1983
  • チチメカ神話 ミチョアカン報告書』ル・クレジオ原訳 新潮社 1987
  • ル・クレジオ『メキシコの夢』新潮社 1991
  • ル・クレジオ『オニチャ』新潮社 1993
  • ル・クレジオ『さまよえる星』新潮社 1994
  • ル・クレジオ『ディエゴとフリーダ』新潮社 1997

記念論集編集

  • 『限りなき視線 ル・クレジオとの対話 フランス文学論集』望月芳郎中央大学教授退職記念図書出版委員会 駿河台出版社 1996

参考文献編集

  • 『アルペン颪 旧制高等学校物語 松本高校編』(財界評論新社 1967年)