メインメニューを開く

朝倉 直巳(あさくら なおみ、1929年9月22日 - 2003年2月14日)は、デザイナー東京教育大学(現筑波大学教育学部芸術学科構成専攻卒。

解説編集

福島大学教育学部を皮切りに、京都教育大学筑波大学文教大学教育学部など、美術教育畑を進む。 アジア基礎造形学会の初代会長を勤め、中国台湾韓国など主として東アジアにおける基礎造形の制作と研究の基盤作りに力を注いだ。 日本基礎造形学会では朝倉の功績を称え学会賞に朝倉賞とその名を冠している。 台湾の崑山科技大学には朝倉の特別記念室があり、朝倉の名を冠した奨学金、作品賞がある。

台湾の崑山科技大学に招聘されていたが、一時帰国時、茨城県つくば市内の自宅近くで死亡。自転車で走行中の朝倉をドライバーが跳ねてしまった。

教育社会学者の朝倉景樹は朝倉の長男。

著作編集

  • 紙による構成デザイン (美術出版社
  • 紙 基礎造形・芸術・デザイン (美術出版社)
  • 芸術・デザインの平面構成 (六耀社
  • 芸術・デザインの立体構成 (六耀社)
  • 芸術・デザインの光の構成 (六耀社)
  • 芸術・デザインの色彩構成 (六耀社)