朝野 魚養(あさの の なかい、生没年不詳)は、奈良時代官人能書家氏姓は忍海原連のち朝野宿禰。官位従五位下典薬頭

魚養塚(十輪院)

経歴編集

延暦6年(787年)正六位上から外従五位下に昇叙。延暦7年(788年播磨大掾、次いで典薬頭に任ぜられる。延暦10年(791年)忍海原連から朝野宿禰への改姓を願うことを以下の通り言上し、許されている。

葛城襲津彦の六男で忍海原連の祖先の熊道宿禰から六代目の子孫にあたる首麻呂が、天武天皇10年(681年)に連姓に貶賜姓された。その後、再三訴えを行ったが改姓が実現されることはなかった。そこで今回、旧姓(忍海原連)を除いて朝野宿禰姓への改姓を賜りたい。なお、朝野とは居住地(忍海原)の本来の名称である。

書道に秀で、薬師寺扁額揮毫を行ったほか、同寺に伝来した大般若経33巻は魚養が書写したとの伝承があり「魚養経」と称される(藤田美術館[1]および奈良国立博物館[2]蔵)。元興寺の一院である十輪院には魚養塚があり、同院には魚養を開基とする伝承がある[3]

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

参考文献編集