メインメニューを開く

朝鮮民族美術館(ちょうせんみんぞくびじゅつかん)は、京城(現:ソウル)の景福宮にあった、朝鮮半島工芸博物館である。1924年大正13年)浅川巧伯教兄弟、民芸運動で著名な柳宗悦日本人によって設立された。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 朝鮮民族美術館
施設情報
開館 1924年4月9日[1]
所在地 京城府(現ソウル特別市
景福宮緝敬堂[1]
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

李氏朝鮮時代に芸術家によってではなく、無名の職人によって作られた民芸(民衆の工芸)は、それまで美的な価値が顧みるられることは無かった。柳らはその価値をいち早く発見評価し、民衆の生活に深く交わるこれらの中に、素晴らしい美の姿があると評価した。また柳らは、日本の朝鮮政策を批判している。今日では韓国政府が、韓国国立民俗博物館として継承運営している。

関連項目編集

関連文献編集

  • 『浅川巧全集』 草風館、1996年
  • 『浅川巧 日記と書簡』 草風館、2003年
  • 『朝鮮民藝論集』 各.高崎宗司編、岩波文庫、2003年
  • 『柳宗悦全集.著作篇 第6巻 朝鮮とその藝術』 筑摩書房、1981年

脚注編集