メインメニューを開く

木下 一元(きのした かずもと)は、安土桃山時代武将大名。諱は利久ともする。半右衛門尉。美作守。

 
木下 一元
時代 安土桃山時代
生誕 不詳
死没 不詳
別名 利久、通称:半右衛門、半右衛門尉、美作守
官位 従五位下美作守
主君 柴田勝豊豊臣秀吉秀次→秀吉→秀頼

略歴編集

柴田勝家養子柴田勝豊に仕え、天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは勝豊家臣として羽柴方で出陣した。4月に勝豊が病死した後は、羽柴秀吉の家人となった。

翌年小牧・長久手の戦いに参陣し、武功を挙げた。天正14年(1586年)頃、従五位下美作守叙任される。

文禄の頃、朝鮮出兵時は豊臣秀次に属して在京警固にあたった。文禄3年(1594年)の伏見城普請に加わった。この頃、所領は2万石であった。

慶長3年(1600年)の関ヶ原の戦いの際は西軍に属して大坂城留守居・守備隊として周辺を警備した。この為、戦後に改易された。

参考文献編集