メインメニューを開く

木地 雅映子(きじ かえこ、1971年[1] - )は、日本小説家石川県生まれ[2]日本大学藝術学部演劇学科卒業[3]1993年、「氷の海のガレオン」が第36回群像新人文学賞の優秀作に選ばれ、小説家デビュー[3]1996年、第11回坪田譲治文学賞で「氷の海のガレオン」が最終候補作に選ばれる[4]2009年、「マイナークラブハウス」シリーズを始動させる[3]2014年、『あたたかい水の出るところ』がラジオドラマ化される[5]

木地 雅映子
(きじ かえこ)
誕生 1971年
日本の旗 石川県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(芸術)
最終学歴 日本大学藝術学部演劇学科卒業
活動期間 1994年 -
ジャンル 青春小説
ヤングアダルト
デビュー作 「氷の海のガレオン」(1993年
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

作品リスト編集

「マイナークラブハウス」シリーズ
その他

アンソロジー編集

「」内が木地雅映子の作品

メディア・ミックス編集

ラジオドラマ編集

  • あたたかい水の出るところ(2014年11月 NHK-FM放送

脚注編集

外部リンク編集