メインメニューを開く

木幡 高清(こわた たかきよ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将相馬氏の家臣(相馬中村藩藩士)。同時代の相馬家臣・木幡継清は木幡家嫡流の当主、または叔父か従兄弟に当たるとみられる。

 
木幡高清
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文6年(1537年
死没 寛永19年(1642年)9月14日(一書4日)
別名 源左衛門 駿河
戒名 清翁休月(高野山巴陵院過去帳ニ旧翁高月ト書ス)
官位 駿河
主君 相馬顕胤盛胤義胤利胤義胤
相馬中村藩
氏族 木幡氏
父母 父:懿清(木幡甲斐)
兄弟 女(青田太郎右衛門常治妻)、高清、清宗、清重
半杭大學信義女
清吉
テンプレートを表示

相馬顕胤から5代の相馬氏の主君に仕えた。相馬利胤の後見人にもなったことがある。故事に詳しく史書の編纂も行なった。寛永19年(1642年)に106歳で死去し、当時としては驚異の長寿を保った。

なお、子・清吉中村城城下町の整備などで活躍して、5代の当主に仕えて寛文5年(1665年)に96歳の長寿を全うしている。