メインメニューを開く
木村清三郎

木村 清三郎(きむら せいさぶろう、明治2年6月7日[1]1869年7月15日) – 昭和16年(1941年2月16日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会政友本党)。新潟県長岡市長

目次

経歴編集

越後国長岡出身。太田仁平次の六男として生まれて、木村小太郎の養子となった[3]1900年(明治33年)、越佐新聞社を創設し、社長を務めた[3]。長岡米穀取引所監査役、同理事、同理事長、長岡証券株式会社監査役、同相談役、長岡商業会議所特別議員、同顧問などを務めた[3]。また長岡市会議員、同参事会員、新潟県会議員を歴任した[3]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後、1929年(昭和4年)に長岡市長に選出され、二期務めた。

親族編集

脚注編集

  1. ^ 衆議院『第46回帝国議会衆議院議員名簿』、1923年。
  2. ^ 『衆議院議員名鑑』
  3. ^ a b c d 『人事興信録』

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第11版(上)』人事興信所、1937年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。