メインメニューを開く

木村 英俊(きむら ひでとし、1934年6月10日[1] - 2019年7月16日[要出典])は、札幌市出身の音楽プロデューサーである。ジーベック音楽出版代表取締役[1]

実娘はシンガーソングライター木屋響子(本名・木村恭子)。妻はマリンバ奏者の安倍圭子

略歴編集

慶應義塾高等学校慶應義塾大学経済学部卒業。日東金属鉱山を経て、1963年日本コロムビア入社[1]。1965年に志願して営業部から学芸部へ移籍し、1977年から学芸部長、1989年から制作本部長を歴任した[1]アニメーション作品・特撮作品の楽曲や子供向けの楽曲をプロデュースし、日本コロムビアの隆盛期の一分野を担う[1]

1992年、日本コロムビアが新規設立したグループ会社「フォルテミュージックエンタテインメント」(FME)の社長に就任[1]。しかし、日本コロムビア社長との間に意見の相違が生じて、木村はFME社長を自ら退任する。FMEは「コロムビア・エデュテインメント」と改名してアニメ音楽専門となり、木村は本格的に独立して「ジーベック音楽出版」を設立。現在に至る。

人物・エピソード編集

  • 仮面ライダーシリーズでは第1作『仮面ライダー』から音楽制作に携わり、同シリーズの楽曲展開を指揮した[1]。仮面ライダー10号の記念盤として制作された『ドラゴン・ロード』では要職についていたため直接携わることが出来ず、もっとやるべきことがあったのではないかという想いを抱いている[1]

著書編集

  • 「THEアニメ・ソング―ヒットはこうして作られた 」(角川書店刊)
  • 「TVアニメ・ソング25年史」 

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h OFM仮面ライダー10 2004, p. 33, 早川優「仮面ライダー音楽考 第8回 ミュージック・クリエーションの現場から “アニメ・ソング”の大立者・木村英俊」

参考文献編集

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.10 仮面ライダーZX』講談社、2004年10月25日。ISBN 4-06-367093-7