木炭紙(もくたんし)とは、おもにデッサンの材料とする。細長い棒状の木炭で描く。消し具は食パンが使われる。現在は練り消しゴムも使われる。

紙としての特徴編集

  • 紙質は画用紙よりも和紙に近く、ざらついた紙肌で強く弾力性に富み、木炭鉛筆ののりが良い。
  • 目つぶれ、毛羽立ち、裂けがなく、木炭画、鉛筆デッサンに適している。
  • 水分を含んだ場合は膨張して、乾燥した場合のしわも生じる。

関連項目編集