メインメニューを開く

末吉 孫左衛門(すえよし まござえもん、元亀元年(1570年) - 元和3年3月26日1617年5月1日))は、江戸時代初期に朱印船貿易で活躍した大坂の大商人。名は吉安(吉康)。出家後は同円。

京都伏見銀座頭取である摂津国平野郡平野庄(現在の大阪市)発祥の氏族、平野勘兵衛利方、後の末吉利方の長男に生まれた。大坂で豪商となって徳川家康から朱印状を受ける。同時期に朱印状を受けた商人としては荒木宗太郎角倉了以らがいる。「末吉船」とよばれる大船を仕立てて、インドシナフィリピンなど南洋方面に出かけて貿易をした。大坂の陣には家康のために働き、平野河内など2郡の代官となった。

関連編集