メインメニューを開く

坂上氏(さかのうえうじ)は、「坂上」をの名とする氏族。略称は「坂氏(ばんし)」。

坂上氏
於美阿志神社
祖神阿知使主を祭神とする於美阿志神社
奈良県高市郡明日香村
氏姓 坂上
坂上
坂上忌寸
坂上大忌寸
坂上大宿禰
始祖 阿知使主
後漢霊帝後裔、東漢氏祖)
出自 東漢氏
氏祖 坂上志拏
種別 諸蕃
本貫 大和国添上郡坂上
著名な人物 坂上駒子
坂上田村麻呂
坂上是則
坂上季猛
坂上頼泰
後裔 波多忌寸
新家忌寸
田村氏武家
平野氏地下人
末吉氏(地下人)
徳山氏(武家)
小島氏 (武家)など
凡例 / Category:氏

秦氏などと並び有力な渡来系氏族である東漢氏阿知使主を始祖とし、坂上直志拏を氏祖として坂上直姓を称した。

概要編集

代表的な人物に征夷大将軍坂上田村麻呂がおり[1]、田村麻呂の後には史書に見える中で陸奥守や陸奥介、鎮守府将軍や鎮守府副将軍など、陸奥国の高官が多く輩出されている[2]。『日本三代実録[注 1]坂上瀧守の卒伝に「坂氏之先、世伝将種、瀧守幹略、不墜家風」とあり、坂上氏が歩射騎射など武芸(弓馬)を家風とし、世に将種を伝えたことが明記されている。小野氏と並んで子孫は代々、武門を家業として朝廷に仕える[3][4][5]

また清水寺別当、右兵衛督大和守明法博士左衛門大尉検非違使大尉等を世襲した。

出自編集

続日本紀』には坂上苅田麻呂宝亀3年(772年)と延暦4年(785年)の2度にわたり、同族である東漢氏を代表して光仁天皇桓武天皇に奉った上表文が伝わり、そこでは後漢霊帝の後裔と称する祖先の阿知使主(阿智王)が応神天皇の時代に17県の人夫を率いて百済から日本へと帰従し、大和国高市郡檜前村(現在の奈良県高市郡高取町)を賜って居住したとしている。『日本書紀』では東漢直の祖阿知使主とその子都加使主が17県の党類を率いて来帰とあり、『古事記』にも倭漢直の祖、阿知直とあることから記紀が成立した8世紀初期には東漢氏の始祖が阿知使主であると認識されていた。しかし記紀では苅田麻呂の上表文にある後漢霊帝の後裔であることや、阿知使主が百済から日本へと帰従した事については触れられていない[6]。『坂上氏系図』によれば坂上直姓の氏祖は阿知使主の孫で東漢氏坂上直志拏である[7]

東漢氏からの独立編集

5世紀末までに阿智使主の孫の代で三腹[注 2]に分かれ、6世紀以降も分裂を繰り返して居住地の地名を氏名にしたり、職掌を氏名にして存在を主張していくようになる。ただし本家分家という関係ではなく、あくまで同族内で対等な立場での分裂であったといわれている[8]。『日本書紀』には「東漢坂上直子麻呂[注 3]や「倭漢坂上直」[注 4]の名がみえ、坂上氏も6~7世紀には東漢氏から分かれてはいたものの「東漢(倭漢)」を冠していることから、東漢氏の支配下から独立していたとまではみられていない。壬申の乱では大海人皇子方として坂上国麻呂熊毛などの名がみられ、乱で活躍したことから天武天皇11年(682年)に東漢氏が姓を賜ったことから坂上氏も坂上から坂上連とし、同14年(685年)には東漢氏が忌寸姓を賜ったことから坂上忌寸としている。7世紀後半に入り、東漢氏の同族ではあるが、一氏族としての坂上氏が独自に存在するようになった[8]

歴史編集

飛鳥時代編集

坂上氏の本拠地は大和国添上郡坂上である。

坂上志拏の子の一人である坂上駒子の子が坂上弓束で、坂上首名大国。老、国麻呂が壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)方として活躍した。

奈良時代編集

奈良時代初期に右衛士大尉へと昇った坂上大国は武官にあり、坂上氏で武人としての活動が確認できる最初の人物である。大国の子である坂上犬養は武人の資質を認められて聖武天皇の寵愛が篤く、父である大国を超える左衛士督に昇った。犬養の子坂上苅田麻呂藤原仲麻呂の乱仲麻呂の子訓儒麻呂牡鹿嶋足と共に射殺し[注 5]、この功により苅田麻呂は即日正六位上から従四位下と5階級昇叙の上、大忌寸の姓を賜与され坂上大忌寸となる。また、宇佐八幡宮神託事件に際して道鏡の姦計を告げ、その排斥の功績により、正四位下陸奥鎮守将軍に叙任されている。氷上川継の乱では連座して解官されるが、すぐに再び右衛士督に復職している。延暦4年(785年)2月に従三位に叙せられ公卿に列し、同年6月に一族は後漢の霊帝の子孫であるにもかかわらず卑姓を帯びていることを理由に改姓を上表し許され、一族の11姓16名が忌寸姓から宿禰姓へ改姓する(嫡流の坂上氏は坂上大宿禰)。苅田麻呂は参議にこそ昇れなかったが、武人を輩出する氏族としての坂上氏の地位を確立した。[9][10]

平安時代以降編集

田村麻呂以降の坂上氏の動向であるが、田村麻呂には坂上大野坂上広野坂上浄野坂上正野、そして桓武天皇の后だった坂上春子らの多数の子がいたと伝わっているが、坂上氏宗家の家督を継いだのは摂津国住吉郡平野庄(大阪市平野区)の領主となった坂上大野だった。しかし大野は早世し、弟の坂上広野が平野庄と坂上氏の家督を継ぐ。その後広野も早死にしたため、その弟の坂上浄野が跡を継いだ。浄野の次の坂上当道は、田村麻呂以来の東北経営と父あるいは伯父の広野(当道は浄野の子とも広野の子ともされている)にはじまる平野庄の経営に携り、子の坂上好蔭は武人として東北で活躍するが、その子の坂上是則、孫の坂上望城は歌人として名をなし、その子孫は代々、京都検非違使庁に出仕し明法博士検非違使大尉を継承した。

広野の子(当道が広野の子なら当道の兄)の坂上峯雄は侍従として都にあったが、孫の坂上峯益も曾孫の坂上行松も東北経営と都での任に就いている。当道の後の平野庄の経営については、平野坂上氏の氏寺の『長寶寺記』によれば坂上行松が継いだとされる。

坂上行松(坂上行増)を祖とする平野坂上氏の宗家は代々、京都の公家との姻戚関係を維持し、明治時代に東京に移るまでは長寶寺の近くに構えた屋敷に住んでいた。この平野氏から末吉家をはじめとする平野七名家が分かれた、と各家は伝えている[11]。宗家の平野庄の坂上氏を支え、代々「民部」を称し、と並ぶ中世の自治都市の平野を担った。平野七名家は江戸時代は幕府の代官となり5万石を支配地とする。東末吉家(末吉勘兵衛家)、西末吉家(末吉孫左衛門家)に分かれた末吉氏の子孫は、今日も平野の地に留まっている。

坂上氏の一覧編集

田村麻呂流編集

田村麻呂流のうち大野系、広野系、浄野系の三系統を坂上氏本家という[12]

大野系編集

坂上大野の子孫。

広野系編集

坂上広野の子孫。
「平野殿」こと坂上広野の子孫の平野氏は、広野の3代後の清水寺別当坂上峯益の子の秋田城介権守坂上行松(平野行増)にはじまる。摂津国平野庄(大阪市平野区)一帯を開発したという名家。
平野氏の末裔の末吉氏は、平野隼人正利吉の弟の平野利方(末吉勘兵衛利方)に始まる。平野七名家の筆頭で、戦国時代の自治都市「平野」の執政を勤めた由緒ある家柄。南蛮貿易朱印状貿易、伏見銀座の運営にかかわり、江戸時代は江戸幕府の代官職を務めるなどした。
続群書類従』坂上系図によると、陸奥権少掾坂上頼遠藤原秀郷の孫藤原千清の養子になったという[13]
氏族は平野氏末吉氏土橋氏辻花氏成安氏西村氏三上氏井上氏など。

浄野系編集

坂上浄野の子孫。
摂津守に任じられた清和源氏源満仲が多田盆地に入部、所領として開拓すると共に、多くの郎党を養い武士団を形成し、武士団の中心として坂上党の棟梁坂上頼次を摂津介に任じ、山本荘司に要請して西政所、南政所、東政所を統括して多田院の警衛にあたらせた[14]。34代坂上頼泰足利義輝に仕えたものの、同じ多田御家人の一人であった塩川国満に侵攻され山本坂上氏は衰微する。その後一時豊臣秀吉の親衛を務めるが、後に退隠して町人となり、山本膳太夫と号して山本で庄屋や酒造、銀鉱採掘、両替業などを営み、園芸をして余生を過ごした。
紀伊国の在地領主小島氏坂上望城の末裔という。大坂の役豊臣方につき本家は滅亡したが、庶流が後に大庄屋と成った。
紀伊の山口氏は田村麻呂の5世の孫である坂上五郎の末裔の武士。紀伊山口西に坂上田村麻呂の墓である「将軍塚」や山口西は坂上村とも呼ばれて、紀伊坂上氏の本貫地であった(『和歌山県神社誌』)[15]山口喜内大坂夏の陣にて活躍。[16]
田村氏は、陸奥国田村郡に起こり坂上浄野の曾孫の田村古哲にはじまるという。奥州屈指の大豪族で、伊達政宗の正室を出し、江戸時代も名望大名家として続いた。
氏族は山本氏町口氏小島氏山口氏田村氏田母神氏など。

山本荘司家坂上氏編集

明法家坂上氏編集

広雄系編集

坂上広雄の子孫。
紀伊国加太庄地頭職杉原氏盛は坂上姓で、生地氏の祖生地尹澄の孫杉原友澄を祖とする杉原氏という。
氏族は生地氏杉原氏

系統不詳の坂上氏編集

系譜編集

  • 坂上氏の系譜
後漢霊帝━延王━石秋王阿知使主(阿知王)━都加使主(高貴王)━坂上志拏直坂上駒子直弓束直首名直大国犬養苅田麻呂田村麻呂

田村麻呂┳長男大野━氏高━樹並
    ┣次男広野峯雄峯益行松高時
    ┃    ┗当道━広道━國当━恒蔭━範親━定成━範明━明兼
    ┗三男浄野当道好蔭是則望城厚範範親定成━範政━明兼

末裔とされる氏族編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 『日本三代実録』元慶五年十一月九日条
  2. ^ 三腹(三家)は兄腹(長男)の山木直、中腹(次男)の志努直、弟腹(三男)の爾波伎直
  3. ^ 日本書紀』欽明天皇三十一年七月条及び敏達天皇元年六月条
  4. ^ 『日本書紀』推古天皇二十八年十月条
  5. ^ 『続日本紀』天平宝字8年9月11日条
  6. ^ 父・範政(定成養子・明法道中原氏の祖の1人)が実家の中原氏に復姓しているために「中原明兼」名義の署名もあるが、この系統のみは「坂上氏」を名乗った
  7. ^ 現在の岩手県東和町にある熊野神社

出典編集

  1. ^ 太田 1934, p. 2517.
  2. ^ 阿部 2004, p. 63.
  3. ^ 高橋 1986, p. 3.
  4. ^ 桃崎 2018, pp. 247-250.
  5. ^ 桃崎 2018, pp. 257-258.
  6. ^ 高橋 1986, pp. 3-6.
  7. ^ 太田 1934, p. 2514.
  8. ^ a b 高橋 1986, pp. 6-8.
  9. ^ 高橋 1986, pp. 9-31.
  10. ^ 桃崎 2018, pp. 251-253.
  11. ^ 長寶寺寺記、末吉氏家譜)[要文献特定詳細情報]
  12. ^ 坂上 2001, p. 16.
  13. ^ 野口 2000, p. 209.
  14. ^ 村上 2008, p. 4.
  15. ^ 『角川地名辞典』[要文献特定詳細情報]
  16. ^ 和歌山県神社庁 1995, p. [要ページ番号].
  17. ^ a b 『地下家伝』第24巻 三条家・西園寺家・徳大寺家・今出川家(諸大夫及び侍)
  18. ^ a b 阿部 2004, p. 64.
  19. ^ 武家家伝_黒木氏
  20. ^ 丹羽 1970, p. 214.

参考文献編集

  • 阿部幹男 『東北の田村語り』 三弥井書店〈三弥井民俗選書〉、2004年1月。ISBN 4-8382-9063-2 
  • 太田亮国立国会図書館デジタルコレクション 「坂上 サカノヘ サカノウヘ サカガミ」 『姓氏家系大辞典』第2巻、上田萬年三上参次監修 姓氏家系大辞典刊行会、1934年、2514-2522頁。全国書誌番号:47004572http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1130938/351 国立国会図書館デジタルコレクション   
  • 坂上末満 『総括・坂上氏族の盛衰 : 日本歴史と深くかかわる!』 坂上経営研究所、2001年11月。 NCID BA59504814 
  • 高橋崇 『坂上田村麻呂』 (新稿版版) 吉川弘文館〈人物叢書〉、1986年。ISBN 4-642-05045-0 
  • 野口実 『千葉氏の研究』 名著出版〈関東武士研究叢書〉、2000年5月。ISBN 9784626015761 
  • 丹羽基二 『姓氏 : 姓氏研究の決定版』、樋口清之監修 秋田書店、1970年7月。ISBN 4253002099 
  • 村上敏展「伊丹大鹿誕生一二〇〇年ふれあいの祭典に寄せて (PDF) 」 『絲海』第33号、伊丹市文化財保存協会、2008年。  
  • 桃崎有一郎 『武士の起源を解きあかす─混血する古代、創発される中世』 筑摩書房ちくま新書〉、2018年11月。ISBN 9784480071781 
  • 和歌山県神社庁教化委員会神社誌編集委員会編 『和歌山県神社誌』 和歌山県神社庁、1995年11月。全国書誌番号:97076515 

関連項目編集

神社
寺院