メインメニューを開く

末松壽(末松寿、すえまつ ひさし、1939年9月2日- )は、日本のフランス文学者、九州大学名誉教授。

略歴編集

福岡県出身。九州大学文学部仏文科卒、同大学院修士課程修了、パリ大学で博士号取得。西南学院大学講師、助教授、山口大学助教授、教授をへて、1993年九州大学文学部教授[1]、2003年定年退職、名誉教授。

著書編集

  • 『『パンセ』における声 登場人物はいかにして生まれるかもしくは《不純》理性言説批判への序説』九州大学出版会 1990
  • メリメの『カルメン』はどのように作られているか 脱神話のための試論』九州大学出版会 2003

翻訳編集

  • アンドレ・マソン『寓意の図像学』白水社 (文庫クセジュ) 1977
  • ロベール・エスカルピ『文字とコミュニケーション』白水社 (文庫クセジュ 1988
  • ヴィクトール・セガレン『記憶なき人々』国書刊行会 2000
  • ジャン=ミシェル・アダン『物語論 プロップからエーコまで』佐藤正年共訳 白水社 (文庫クセジュ) 2004
  • 『ベラン世界地理大系 9 西部・中部アフリカ』野澤秀樹共編訳 朝倉書店 2017
  • ジャン・グロンダン『解釈学』佐藤正年共訳 白水社,文庫クセジュ 2018

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002