本マグロトロ太郎

本マグロトロ太郎(ほんマグロトロたろう)とは、テレビ東京のフラッシュアニメ番組、ファイテンション☆スクール内で放送されていたサンプラザ中野くんによるアニメ作品。または本アニメの主人公の名前。30秒間のストーリーとエンディングテーマで構成されている[1]。後継番組ファイテンション☆テレビでは、続編である『本マグロトロ太郎TV』が放送されていた。

概要編集

ファイテンション☆スクールから始まったこのアニメは、番組内でも大好評だったため、ファイテンション☆テレビでも続投された。しかし、ファイテンション☆テレビ最終回にも次回予告を行っていた。(「次回はありません」と寂しくテロップが出た。)これは、第一回世界すし博へ向けての次回予告であり、厳密な最終回は世界すし博内部で発信されたCMとして放送された4話がそれぞれの予告をループする形となっていた。この4話はYouTubeで見ることが出来る。(英語字幕つきである。)

登場キャラクター編集

主要キャラ編集

本マグロトロ太郎
本アニメの主人公。日本出身。
頭は本マグロが乗っており、これが顔となる。頭のパーツは銀シャリで成人したので、わさびが詰まっている。必殺技はわさビーム。しかし、寿司ネタの大トロをどけるため、狙いが定まらない。
身体は緑茶の入った湯呑みに茶の文字が書かれている。
体の中身のお茶が変わる度にキャラが変わる。(例:チャイからトロババなど)
アボカドボーイ
トロ太郎のライバル。アモリカ出身。
頭および顔はアボカド。身体にはコークの文字が書かれている。
関心した時に発する「だったーのか?」が口癖。
オクトパス・タコ8世伯爵
頭の寿司ネタはタコ
身体は黒いものに包まれており、正体がつかめない。
語尾にいつも「タコ」が加わっている。次回予告のナレーションも彼である。
サーモン豊作
頭の寿司ネタは。日本出身。
身体の文字は。黒ぶち眼鏡をかけた熱血漢である。
巨人の星左門豊作のパロディ。
プリンセス・ビターショコラ
アラブの石油王の娘。プランス出身である。
頭はチョコレート。プランスでチョコレート寿司が大人気であることから寿司ネタ学園の生徒になっている。
タコ8世伯爵を画面外でボコボコにしたり、前に出ようとしたアボカドボーイを腕で抑えるなどの一面もある。

ゲストキャラ編集

おはぎちゃん
頭がおはぎの少女。
いつも泣いている。
「甘いお寿司でごめんなさい」と言う。
刑事(デカ)ブリオ
レオナルド・ディカプリオのパロディ。頭の寿司ネタはブリ
実は出世魚のため、おはぎちゃんに過去の名前で呼ばれた。
過去の名前は、イナダ。おはぎちゃんのことが好きだった。
肉肉団のニック
アモリカに本拠地を置く、肉食文化を広める悪の秘密結社。もしくはその代表。
博士
トロ太郎とアボカドボーイを作った人。
真っ黒で素顔が見えない。

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 次回予告があるが、実際の次回のタイトルと異なるので、当てにならない。