メインメニューを開く

本初仏(ほんしょぶつ)とは、アーディブッダ(Ãdibuddha)の訳語であり[1]、一切世界の生成の原因とされる尊格[1][2]ネパールチベットなど後期密教に伝わった信仰形態である[2]

チベットにおいては普賢菩薩が法身普賢(ほっしんふげん)として、またネパールにおいては文殊菩薩を「自然生」(じねんしょう、Svayambhū [スヴァヤンブー])すなわち「自ら生じたもの」として信仰し、これを本初仏とする[1]

目次

脚注編集

関連項目編集