メインメニューを開く

本多 康命(ほんだ やすのぶ)は、近江膳所藩の第5代藩主。康俊系本多家宗家5代。第4代藩主・本多康慶の長男。

 
本多康命
時代 江戸時代中期
生誕 寛文12年(1672年
死没 享保4年11月30日1720年1月9日
改名 万次郎(幼名)→康命
戒名 通性院殿心巌雄山大居士
墓所 滋賀県大津市丸の内町の縁心寺
官位 従五位下、下総
幕府 江戸幕府
近江膳所藩
氏族 本多氏
父母 父:本多康慶、母:本多康将の娘
兄弟 康命康敏牧野忠寿康文
正室:伊達綱村の養女(伊達綱宗の娘)
養子:康敏

生涯編集

正徳4年(1714年)3月4日、父の隠居により跡を継いだ。享保4年(1719年)11月晦日、近江膳所にて死去。享年48。子がなかったため、家督は弟で養嗣子の康敏が継いだ。

関連項目編集