メインメニューを開く

本多 忠敬(ほんだ ただたか)は、播磨山崎藩の第7代藩主。政信本多家8代。

 
本多忠敬
時代 江戸時代後期
生誕 寛政5年(1793年
死没 嘉永3年5月30日1850年7月9日
戒名 敬篤院前肥州宰吏譲誉和順道栄大居士
墓所 東京都江東区三好の雲光院
官位 従五位下、肥後
幕府 江戸幕府
播磨山崎藩
氏族 本多氏
父母 父:本多忠居
兄弟 忠敬忠告忠鄰
正室:本多忠顕の娘
忠鎮(長男)、娘(小堀政恒正室)、娘(青山幸敬正室のち松平某室)
養子:忠鄰
テンプレートを表示

生涯編集

第6代藩主・本多忠居の次男。文化9年(1812年)10月18日、父の隠居により跡を継ぐ。しかし藩邸が焼失するなどして藩財政が再び悪化したため、半知を行なうなどの処置をとった。生来から病弱だったこともあって、天保5年(1834年)11月27日に弟の忠鄰に家督を譲って隠居し、嘉永3年(1850年)5月晦日に58歳で死去した。