メインメニューを開く
本多忠明

本多 忠明(ほんだ ただあき、天保4年4月23日1833年6月10日) - 明治34年(1901年12月17日)は、播磨国山崎藩の第9代(最後)の藩主。政信系本多家10代。

目次

生涯編集

第8代藩主・本多忠鄰の次男。官位は従五位下、正四位、肥前守。幼名は鑑三郎。

明治2年(1869年)正月晦日、父の隠居で家督を継ぐ。同年の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官となった。同年9月、東京に移った。1876年(明治9年)11月13日に隠居し、家督は弟忠禎が継承した[1]。明治34年(1901年)12月17日、69歳で死去した。法号は実想院殿真誉義山大居士。墓所は兵庫県宍粟市山崎町上寺の大雲寺。

栄典編集

子孫編集

経済学者の三木谷良一は曾孫。楽天創業者の三木谷浩史は玄孫である[3][4][5][6]

忠明-忠銓-昌子-良一-浩史

脚注編集

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、511頁。
  2. ^ 『官報』第2707号「叙任及辞令」1892年7月7日。
  3. ^ ファミリーヒストリー』2018年12月17日放送分
  4. ^ 「楽天社長・三木谷浩史、経営者としての原点は戦国武将!?『ファミリーヒストリー』」 テレビドガッチ2018.12.15 up
  5. ^ 「NHKドキュメンタリー - ファミリーヒストリー「三木谷浩史~経営者の原点」日本放送協会
  6. ^ 「楽天・三木谷会長の幼少期はやんちゃ坊主…母が明かす「怒られてもケロっとしていました」」2018年12月17日21時53分 スポーツ報知

参考文献編集