本多 正房(ほんだ まさふさ)は、江戸時代前期の越前国福井藩家老。通称賢物、源四郎、左近。高知席本多修理家初代。

 
本多正房
時代 江戸時代前期
生誕 寛永11年12月9日1635年1月27日
死没 寛文11年11月15日1671年12月16日
別名 通称:賢物、源四郎、左近
主君 松平光通
越前福井藩家老
氏族 越前府中本多家(本多内蔵助家)
父母 父:本多富正
兄弟 昌長正房、布連、毛受吉久
養兄弟:吉松
富敬恒久
テンプレートを表示

略歴編集

寛永11年(1634年)12月9日、福井藩家老・本多富正の庶子として府中にて誕生。慶安2年(1649年)父・富正の死去により、5000石の分知を受け、藩主松平光通に仕えて家老となる。寛文9年(1669年)本家の家督を継いだ甥・長員が幼少のため、陣代と後見を務める。

寛文11年(1671年)11月15日没。享年38。家督は嫡男・富敬が継いだ。

参考文献編集