本多 富敬(ほんだ とみよし、寛文2年6月22日1662年8月6日) - 元禄9年(1696年))は、福井藩重臣。高知席本多修理家第2代。

父は本多正房。弟は本多恒久。子は本多正賀。通称修理。

福井藩家老本多正房の嫡男として福井に生まれる。寛文11年(1671年)父正房の死去により家督と知行5000石を相続。延宝4年(1676年)藩主松平綱昌の家督相続の御礼言上の際に、将軍徳川家綱に拝謁する。貞享3年(1686年)藩主綱昌が改易となり、福井藩は所領を半知の25万石に削減され、富敬も知行2500石となる。元禄9年(1696年)没。享年35。家督は嫡男正賀が幼いため、弟の恒久(正倫)が相続した。

参考文献編集