本瀧寺

本瀧寺(ほんたきじ)は、大阪府豊能郡能勢町にある妙見宗総本山の仏教寺院山号は「能勢妙見山」。

本瀧寺
Hontakiji hondo.jpg
本堂
所在地 大阪府豊能郡能勢町野間中718
位置 北緯34度56分07秒
東経135度28分4秒
山号 能勢妙見山
宗旨 妙見宗
本尊 蔵王権現
開基 野間日照
公式HP 能勢妙見山 妙見宗総本山 本瀧寺
テンプレートを表示

妙見山の中腹にあるが、山頂の日蓮宗能勢妙見堂(無漏山真如寺境外仏堂能勢妙見山)とは無関係の天台宗修験道の寺院である。

目次

歴史・概要編集

1921年天台修験道の僧侶野間日照上人が古くからの行場である本瀧の地に天台修験道の寺院を建立した(当時、新たな寺院を建立する許可を取るのは難しかったため、奈良にあった天台宗修験道の寺院「薫香院」の名義を移転させる形で新寺院を建立)。1926年に「本瀧寺」へと改称し現在の寺号となる。1946年には、それまでの天台宗から独立、新宗派として「妙見宗」を創立し妙見宗の総本山として教線を拡大していく。

本尊編集

本尊は秘仏蔵王権現、脇本尊として妙見大菩薩(みょうけんだいぼさつ)と常富大菩薩(つねとみだいぼさつ)。

能勢の本瀧編集

奈良時代、妙見山北部中腹にある滝が行基により拓かれ、為楽山の水行場として使われるようになり「行儀の滝」(現在の能勢の本瀧)と呼ばれるようになったと伝えられる。

野間日照上人は、かつて能勢妙見堂のお堂の一つであった常富堂を改修する形で堂宇を建立し、それが現在の本瀧寺の基礎となった。寺の名前の由来にもなった能勢の本瀧は境内の南東奥にあり、江戸時代以前は妙見瀧や妙見山瀧と呼ばれていた。

正面に石の大鳥居があり、青銅の竜の口からは湧き水が落下している。本瀧寺が建立される以前は、能勢妙見堂への寄進として天保12年に丹波の日の出講の発願で法華経の一字一石が滝壺に埋められるなど行場としての歴史は古く、滝周辺には多くの石仏が祀られている。また、天理教教祖中山みき本門仏立宗開祖長松清風将棋棋士阪田三吉も本瀧で修行したと伝えられる。

参考文献編集

  • 『本瀧寺縁起』 妙見宗宗務本庁、1997年。
  • 『東郷村誌』1916年。
  • 『能勢物語』1836年。
  • 『能勢東郷志』1823年。
  • 『摂津名所図会』1796年。

関連項目編集

外部リンク編集