本田 親済(親濟、ほんだ ちかなり、1864年7月13日(元治元年6月10日[1])- 1922年大正11年)1月14日[1][2])は、明治・大正期の実業家政治家華族貴族院男爵議員。幼名・大吉[1][3]

経歴編集

薩摩藩士・本田親雄の二男として生まれる[1][3][4][5]1898年12月、親済と改名[3][4][5]。父の死去に伴い、1909年3月25日、男爵を襲爵した[1][3][4][5][6]

札幌農学校帝国大学法科大学を修了[2][5]イギリスに留学して、1890年、英国ニューポート大学を卒業[2]

帰国後、食塩 (株) 社員、駅逓 (株) 社員、芝銀行取締役、鴻池銀行東京支店副長、宮内省式部官逓信大臣秘書官代理などを務めた[2]

1911年7月、貴族院男爵議員に選出され[7]公正会に所属して活動し、死去するまで二期在任した[2]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『平成新修旧華族家系大成』下巻、508頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』83-84頁。
  3. ^ a b c d 『大日本華族大鑑』追加之部10頁。
  4. ^ a b c 『人事興信録』第6版、ほ30-31頁。
  5. ^ a b c d 『華族畫報』下、644頁。
  6. ^ 『官報』第7722号、明治42年3月26日。
  7. ^ 『官報』第8423号、明治44年7月20日。

参考文献編集

  • 杉謙二編『華族畫報』下、吉川弘文館、2011年(華族画報社大正2年刊の複製)。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会編『平成新修旧華族家系大成』下巻、社団法人霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年。
  • 筒井住蓮編『大日本華族大鑑』都通信社、1911年。


日本の爵位
先代:
本田親雄
男爵
本田(親雄)家第2代
1909年 - 1922年
次代:
本田不二麿