メインメニューを開く

本谷 祐一(もとたに ゆういち、1954年4月25日 - )は、広島県呉市(旧・豊田郡豊浜町斎島[1])出身の実業家

もとたに ゆういち
本谷 祐一
生誕 (1954-04-25) 1954年4月25日(65歳)
日本の旗 日本 広島県豊田郡豊浜町斎島
出身校 桃山学院大学

安芸高田市の高宮カントリークラブ[2] や後述のサンフレッチェ広島やザスパ草津で経営再建を進めた[3]、「立て直し屋」[4] との異名もある。久保允誉エディオン社長の側近中の側近[4]

目次

来歴編集

瀬戸内海斎灘に浮かぶ小さな有人島である斎島出身[5]。当時島内にあった豊浜町立斎島小学校で学び、中学から親元を離れ隣島の豊島で生活し豊浜町立豊浜中学校(現呉市立豊浜中学校)へ進学、高校は更に大崎上島へ移り住み広島県立大崎高等学校(現広島県立大崎海星高等学校)へ通った[5][6]桃山学院大学卒業[7]

1978年家電量販のダイイチ(のちのデオデオ、現エディオン)に入社、まずダイイチ本店(現エディオン広島本店)の冷蔵庫売り場担当についた[5]。入社9年目である1986年に店長(店舗名不明)を任された[5]。1996年店舗開発部長、その後はデオデオおよびエディオン取締役として活躍。

1998年に経営危機に陥ったサンフレッチェ広島の社長に久保が就任した際、当時デオデオ陸上部およびアーチェリー部のゼネラルマネージャー(GM)業務をしていた本谷[5] に白羽の矢が立ち、サンフレッチェ広島事業本部長に就任し経営改革に尽力した。2000年度には球団を六期ぶりの黒字に導いた[4]。1999年に開催された第1回JリーグGM講座を久米一正小長谷喜久男坂田信久らとともに修了[8]

その後はデオデオに戻り取締役として活躍。2005年、補助金の目的外使用や観客数の虚偽報告などの不祥事が発覚して経営危機に陥っていたザスパ草津の事業統括本部長に就任、その後専務として活躍、クラブの再生に取り組んだ[9]。2006年、大西忠生が急逝した際には一時代表者となっていた[10]

2007年12月、広島のJ2降格の責任を取り久保が社長を退任、後任としてサンフレッチェ広島社長に就任。 ちなみにデオデオおよび東京エディオン取締役、Jリーグ・準加盟クラブアドバイザー、ザスパ草津非常勤取締役専務などすべての役職を辞任し、広島の専従取締役となっている[3]。在任中辣腕を振るい、1年でのJ1復帰、J1復帰後はAFCチャンピオンズリーグ出場を果たし、5年目の2012年のJリーグではリーグ優勝を果たした[11]。一方で同年に累積赤字解消のため資本金20億円もの資本減少を行い経営安定に務めた。この減資の責任を取る形で2012年末をもって広島社長を退任した[11]

その後はエディオンにも帰らず、フリーで講演会の講師などとして活躍している。

略歴編集

  • 広島県立大崎海星高等学校卒業。
  • 桃山学院大学卒業。
  • 1978年 ダイイチ(現・エディオン)入社。
  • 1996年 ダイイチ店舗開発部部長。
  • 1998年 サンフレッチェ広島企画部長。
  • 1999年 サンフレッチェ広島取締役企画部長。
  • 2000年 Jリーグ・ゼネラルマネージャー講座修了。
  • 2001年 デオデオ社長室長、デオデオ取締役、エディオン経営企画部長。
  • 2004年 デオデオ・フランチャイズ事業部長。
  • 2005年 エディオン管理本部中四国・九州店舗開発部長。
  • 2005年11月 草津温泉フットボールクラブ取締役事業統括本部長。
  • 2006年9月 草津温泉フットボールクラブ取締役専務。
  • 2007年2月 武尾誠ザスパ草津社長就任に伴い、非常勤取締役専務。
  • 2007年4月 エディオン関東店舗開発部長。
  • 2007年4月 Jリーグ・準加盟クラブアドバイザー。
  • 2007年10月 東京エディオン取締役。
  • 2007年12月 サンフレッチェ広島代表取締役社長。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 豊浜にサンフレ応援のぼり”. 中国新聞(47NEWS) (2009年3月20日). 2009年12月17日閲覧。
  2. ^ 広島市立大 サンフレ本谷社長が講演 大学生にエール”. キャンパスリポート. 中国新聞 (2010年1月14日). 2010年2月12日閲覧。
  3. ^ a b 再出発、よみがえれ!トリニータ”. 大分合同新聞 (2009年12月11日). 2009年12月17日閲覧。
  4. ^ a b c 常勤役員総退任、降格責任を明確化 社長だけに代表権”. 中国新聞(Internet Archive) (2007年12月20日). 2008年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年10月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e 広島の社長.tv
  6. ^ 母校での講演会資料(PDF)”. 2009年12月17日閲覧。
  7. ^ 再挑戦 第2部 (2)サンフレッチェ広島”. 山陽新聞 (2010年2月23日). 2010年5月31日閲覧。
  8. ^ Jリーグゼネラルマネージャー(GM)講座修了者”. Jリーグニュース (2001年4月9日). 2009年12月17日閲覧。
  9. ^ 経営再建 Jリーグ保護どう脱皮”. 読売新聞. 2010年10月29日閲覧。
  10. ^ 草津温泉フットボールクラブ代表取締役就任のお知らせ”. J's GOAL (2006年8月10日). 2009年12月17日閲覧。
  11. ^ a b 本谷社長退任へ 就任5年、優勝で花道”. 中国新聞 (2012年12月13日). 2012年12月18日閲覧。

参考資料編集

関連情報編集

  • 藤本倫史『我らがカープは優勝できる!?』2013年3月刊 南々社 ISBN 4864890080

関連項目編集