札幌市交通局150形電車(さっぽろしこうつうきょく150がたでんしゃ)は、札幌市交通局の前身である札幌市電気局が1936年に導入した札幌市電路面電車車両である。

概要編集

車両番号 製造年月 製造元 廃車年月 機器供出
151号 1936年3月 梅鉢鉄工所 1960年4月 241号
152号 242号
153号 1962年6月
154号 1960年4月
(実質2月~4月)
244号
155号 245号
156号 248号
157号 247号
158号 1962年6月
159号 1958年6月
(実質57年12月
~58年2月)
201号
160号 203号
161号 202号

1936年(昭和11年)に導入された半鋼製4輪単車。151~161号の11両。

120形までの木造から半鋼製となり、130形170形は同一設計である。ボギー車導入までは主力車種として活躍した。 1957年(昭和32年)から1960年(昭和35年)にかけて道産電車200形240形に主要機器を譲ったほか、全車ボギー化後も2両が事業用として残存していた。

主要諸元編集

  • 全長:8,230mm
  • 全幅:2,210mm
  • 全高:3,445mm
  • 自重:7.0t
  • 定員:42人
  • 出力・駆動方式:22.38kW×2・吊り掛け式
  • 台車型式:日本車輌SS形