朱壽昌(しゅじゅしょう、拼音:Zhū Shòu chāng、1014年-1083年[1] 。字を康叔といい、北宋の揚州天長同仁郷秦欄(現在の安徽省天長市秦欄鎮)の人である。『宋史』巻二一五「列伝第二百十五 孝義」に、彼が官僚としての役目を捨てて、千里母を訪ねた話が載っている。このことから、二十四孝の一位とされた。

朱壽昌
生誕 1014年大中祥符7年)
揚州
死没 1083年元豊6年)
職業 文人
二十四孝の官を棄て母を尋ねるは、朱壽昌の故事である。

朱寿昌は、司農少卿、朝議大夫、中散大夫にまで昇り、年七十にして亡くなっている。

参考文献編集

  1. ^ 謝桃坊2009年、「朱壽昌尋母事辨」、『文史雜誌』、第6期:第10-12頁。