朱 鳳英(しゅ ほうえい、1110年 - ?)は、北宋欽宗の皇后仁懐皇后朱氏の妹で、欽宗の側妃朱慎徳妃の従妹。欽宗の弟である鄆王趙楷の妃となった。哲宗の生母の欽成皇后神宗の徳妃朱氏)の姪にあたる[1]

経歴編集

靖康の変の際、軍に捕らえられ、千戸国禄らの手にかかり凌辱された。金が北帰を開始する天会5年(1127年)3月28日に、完顔設野馬(粘没喝の長男)の管理下に移されている。その直後の3月29日、馬から落ちて流産した[2]

同年4月2日、北帰の途上の車でふたたび千戸国禄らに犯された。道中の宴会において詩を詠むことを強要され、従姉の朱慎徳妃とともに屈辱的な境遇を嘆く詩を詠んだ。

金軍が燕京に戻ると、朱鳳英は一時的に金の太宗呉乞買の妾とされた後、妓院である洗衣院へ送られた。天会13年(1135年)、朱鳳英は洗衣院から解放されたが、その後の事跡は不明である。

伝記資料編集

  • 『靖康稗史箋證』
  • 『宋史記事本末』

脚注編集

  1. ^ 『曾公遺録』によると、恩平郡王朱桂納(字は伯材、仁懐皇后と朱鳳英の父)は欽成皇后の継父の朱士英の子。
  2. ^ 同時に、柔福帝姫洵徳帝姫高宗の妃の邢秉懿らも流産している。『靖康稗史箋證』「二十九日、邢朱二妃、二帝姫以墜馬損胎、不能騎行。」