メインメニューを開く

朱鷺色三角

朱鷺色三角』(ときいろトライアングル)は、樹なつみによる日本漫画作品。当初『蛍たちは笑う』という題で発表された前・後編作品[1]が好評であったため、『朱鷺色三角』と改題されて続編が描かれた。作品世界はさらに『パッション・パレード』へと連続している。ここではその『パッション・パレード』についても取り扱う。

目次

ストーリー編集

蛍たちは笑う編集

母・リンダを交通事故で亡くして間もない霖のもとを、瀬戸内海に浮かぶ蒼島から穂津見家の弁護士が訪れる。当主が死去し、その遺言状を公開するので、直系の孫である霖にも立ち会ってほしいというのだ。父・霙一は早くに死去しており、自分は天涯孤独だと思っていた霖は、親戚に会うことに魅力を感じて蒼島を訪れる。

公開された遺言状に書かれていたのは、数百億ともいわれる穂津見家の財産のほとんどを、亡き長男・霙一の子である霖に譲るということだった。その意外な内容に納得がいかず、一族は色めき立つのだった。

翌日、釣りに出かけていた雲行が溺死する。さらにその夜、霖になついた蕾の上に大きな枝が落下するが、粉々に砕け散った。実は穂津見家は代々超能力を持つ家系で、その「穂津見の血」を守るために近親婚を繰り返してきた歴史を持つのだった。霖や零治にもその力は残るが、もはや微小なものにすぎないはずだった。

3日目には、霍が使用人とともに崖から墜落死する。霖は蕾を連れて蒼島を出ようと決意するが、零治の出生にまつわる秘密を知ってしまう。霖と露子が外に出たすきに靄が絞殺され、霞が連れ出された。連続殺人犯は、いったい誰なのか、何を目的とするのか?

登場人物編集

穂津見 霖(ほづみ りん)
主人公。超能力者。母リンダが死亡し、天涯孤独。
坂本 零治(さかもと れいじ)
霖の従弟。超能力者。出生に秘密を持つ。零と呼ばれることが多い。
森生 蕾(もりお つぼみ)
霖や零治の遠縁にあたるという少女。誰にも愛されたことがない。超能力者。
穂津見 靄(ほづみ もや)
霙一、露子、霧江の母。霖や零治の祖母。蒼島で穂津見一族を束ねる。
穂津見 霙一(ほづみ えいいち)
靄の長男。霖の父。蒼島を出奔して失踪、まもなく東京で死去。
穂津見 雲行(ほづみ くもゆき)
靄の次男。千葉在住。霍(かく)、霞(かすみ)兄妹の父。
坂本 露子(さかもと つゆこ)
靄の長女。分家の坂本家に嫁ぐも、夫と別居しながら蒼島で穂津見家を守る。零治の母。
穂津見 霧江(ほづみ きりえ)
靄の次女。京都で土産物屋を営む。
今井(いまい)
霧江の婚約者。実情はヒモ。

パッション・パレード編集

作風・舞台をがらっと変えた続編。前作はオカルトミステリーであったがバスケットを中心としたアメリカのハイスクール漫画となる。

主人公・霖はバスケットの腕をかわれ留学しそこで出会った黒人の女子学生ジューンと出会い交流を深める。またジェーンの義理の兄はバスケットのカリスマ的選手で彼に見込まれたことにより、物語は新たな展開を迎える。

一方、日本に残った零治もまた留学することとなり女子中学生になった蕾も追いかけてくる。零治は蕾が霖のことをまだ想っており彼の近くにいたいがためにアメリカに住みたいのだと思うが、血の繋がりがあり最強の能力者である彼女は零にとって必要な存在だった。

主人公・霖が新たな世界で生きていくのに対し、零・蕾は前作の世界観や血の因習の流れを汲む設定となっている。

書誌情報編集

脚注編集

  1. ^ 『蛍たちは笑う』初出、前編:月刊『LaLa』1984年8月号、後編:月刊『LaLa』1984年9月号