LaLa

白泉社が発行する日本の少女漫画雑誌

LaLa』(ララ)は、白泉社の発行する月刊少女漫画雑誌。発売日は毎月24日(発行月の前々月)。

LaLa(ララ)
ジャンル 漫画雑誌
読者対象 少女
刊行頻度 隔月刊月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 470円(2014年6月号以降)
出版社 白泉社
雑誌名コード 09205
刊行期間 1976年7月 -
発行部数 81,467部(2020年10月 - 2020年12月日本雑誌協会調べ)
レーベル 花とゆめコミックス
姉妹誌 LaLa DXAneLaLa
ウェブサイト 白泉社オンライン
テンプレートを表示

概要編集

1976年7月に隔月刊誌として創刊された[1][2]。創刊号は山岸凉子の「花の精たち」というイラストが表紙を飾った。創刊当時の誌名は『花とゆめ LaLa』であり価格は260円だった。初代編集長は小長井信昌が務めた。創刊からちょうど1年後の1977年7月に同年9月号をもって月刊化され、誌名も『月刊 LaLa』へと変更された。

現行の姉妹誌には、隔月刊誌『LaLa DX』(1985年創刊時は季刊)がある。両誌の沿革および既に休刊した増刊誌・派生誌に関しては後述の「#関連誌」を参照。

単行本は、白泉社の総合レーベル「花とゆめコミックス」より刊行されている。

新人賞として、毎月開催される「LMSララまんが家スカウトコース」と、4月・8月・12月に開催される「ララまんがグランプリ」を主宰。また、かつては「ララまんがスクール」を主宰していた。白泉社の主宰する四誌合同企画「白泉社アテナ新人大賞」(旧称「アテナ大賞」)にも参加。同賞は1976年から2012年まで開催され、2013年以降は「白泉社少女まんが新人大賞」としてリニューアルされた。受賞作品は開催の翌年2月号に掲載される。

かつては『遙かなる時空の中で』や『金色のコルダ』など、ネオロマンスシリーズのコミカライズ作品が掲載されていた(現在はARIA講談社)に掲載)。

現在の掲載作品編集

2021年5月号現在。

作品名 作者(作画) 原作者など 開始号 備考
よしけん4ジゲン にさかなにざかな 2005年07月号
なつめゆうしんちよう夏目友人帳 みとりかわ ゆき緑川ゆき 2007年09月号 LaLa DX』より移籍
かくえんへひいしつたあす学園ベビーシッターズ とけいの はり時計野はり 2009年11月号
あかかみのしらゆきひめ赤髪の白雪姫 あきつき そらたあきづき空太 2011年11月号 LaLa DX』より移籍
かわいいたぬきもらくしやない可愛いたぬきも楽じゃない かわくち けい河口けい 2017年05月号
きみははるにめをさます君は春に目を醒ます しま あさと縞あさと 2017年07月号
てんとうけものかたり天堂家物語 さいとう けん斎藤けん 2018年02月号 LaLa DX』より移籍
まりつしはあふるマリッジパープル はやし みかせ林みかせ 2018年09月号
てんせいあくしよのくろれきし転生悪女の黒歴史 とうか あきはる冬夏アキハル 2018年10月号
はとこさんはときときまほうしようしよ鳩子さんは時々魔法少女 かうた まと可歌まと 2019年04月号 連載終了
りはあすりはあすリバース×リバース あまの しのふ天乃忍 2020年03月号
このきようあいはてんさいてすこの凶愛は天災です ゆめき みつる夢木みつる 2020年04月号
ひめきみはきしたんちよう姫君は騎士団長 やまる やすこ屋丸やす子 2020年04月号 連載終了
すえなかくよろしくおねかいします末永くよろしくお願いします いけ しゆんこ池ジュン子 2020年05月号
きかいしかけのまりい機械じかけのマリー あきもと あきあきもと明希 2020年08月号
みみすくとよるのおうミミズクと夜の王 すすき ゆう鈴木ゆう こうきよく いつき紅玉いづき(原作) 2020年11月号 コミカライズ
おしようおめさめのしかんてすお嬢、お目覚めの時間です かし やえこ樫八重子 2021年03月号

過去の掲載作品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行編集

ら行編集

わ行編集

発行部数編集

  • 1978年6月:公称30万部[3]
  • 1979年7月:公称30万部[4]
  • 1980年7月:公称30万部[5]
  • 1981年9月:公称30万部[6]
  • 1982年12月:公称400,000部[7]
  • 1984年4月:公称450,000部[8]
  • 1985年3月:公称450,000部[9]
  • 1986年3月:公称350,000部[10]
  • 1987年3月:公称350,000部[11]
  • 1988年3月:公称350,000部[12]
  • 1989年2月:公称380,000部[13]
  • 1990年2月:公称380,000部[14]
  • 1991年2月:公称380,000部[15]
  • 1991年4月 - 1992年3月:公称380,000部[16]
  • 1992年4月 - 1993年3月:公称380,000部[17]
  • 1993年4月 - 1994年3月:公称380,000部[18]
  • 1996年1月 - 12月:推定21万部[19]
  • 1997年1月 - 12月:推定20万部[20]
  • 1998年1月 - 12月:推定22万部[21]
  • 1999年1月 - 12月:推定23万部[22]
  • 2000年1月 - 12月:推定20万部[23]
  • 2003年9月1日 - 2004年8月31日:166,750部[24]
  • 2004年9月1日 - 2005年8月31日:173,583部[24]
  • 2005年9月1日 - 2006年8月31日:171,750部[24]
  • 2006年9月1日 - 2007年8月31日:170,833部[24]
  • 2007年10月1日 - 2008年9月30日:173,750部[24]
  • 2008年10月1日 - 2009年9月30日:178,667部[24]
  • 2009年10月1日 - 2010年9月30日:169,542部[24]
  • 2010年10月1日 - 2011年9月30日:160,250部[24]
  • 2011年10月1日 - 2012年9月30日:155,950部[24]
  • 2012年10月1日 - 2013年9月30日:144,609部[24]
  • 2013年10月1日 - 2014年9月30日:137,934部[24]
  • 2014年10月1日 - 2015年9月30日:130,359部[24]
  • 2015年10月1日 - 2016年9月30日:126,500部[24]
  • 2016年10月1日 - 2017年9月30日:120,675部[24]
  • 2017年10月1日 - 2018年9月30日:106,250部[24]
  • 2018年10月1日 - 2019年9月30日:101,250部[24]

関連誌編集

1985年より、従来の別冊・増刊など各誌の再編が始まり、一方では姉妹誌の季刊『LaLa DELUXE』(のち『LaLa DX』)が創刊した。

他方、それまでの『LaLa大増刊』を引き継いで同1985年夏に登場した『LaLaスペシャルWendy』は、翌1986年夏に『LaLaスペシャルCindy』に改題し、1987年には短編特集の増刊『Short Stories』も登場するなど、約2年間にわたって題号や発行周期に混乱が見られたが、1988年に季刊の『LaLa Club』(『LaLa SPRING Club』など)に一本化して1990年まで刊行した。1991年には『LaLa'』に再改題して計3回刊行したのを最後に、季刊増刊誌は一時消滅した。

のち『Lunatic LaLa』(1994年-1996年、年2回刊)、『LaLaスペシャル』(2004年-2010年、初期は年刊・後期は不定期刊)などが登場している。

年代別関連誌
  • LaLa DELUXE(1983年:単発刊行、1985年 - 1986年:不定期刊)[25][26][27] →後継誌(誌名変更)『LaLa DX』
  • 別冊LaLa(1983年 - 1984年:季刊、1984年 - 1985年:隔月刊)[28][29]
  • My LaLa(1984年 - 1985年:不定期刊)[30]
  • LaLa DX(1987年 - 1995年:季刊、1995年 - 刊行中:隔月刊)[26][27]
  • LaLaスペシャルWendy(1985年 - 1986年:不定期刊)[31] →後継誌(誌名変更)『LaLaスペシャルCindy』
  • LaLaスペシャルCindy(1986年 - 1988年:季刊)[32]
  • AneLaLa(2013年 - 2014年:季刊、2015年 - 2017:隔月刊)[33]:季刊時代は1月・4月・7月・10月発行の前月5日発売。隔月刊時代は偶数月発行の前月5日発売。→WEB版へ

参考文献編集

  • 白泉社発行月刊LaLa総目次[1]
  • コミックホームズ 白泉社系少女マンガ作品データベース[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Lala(白泉社)1976 ※同資料では「1巻1号(昭和51年9月)」と記載。
  2. ^ 楽天ブックス LaLa(ララ)2014年09月号[雑誌]- 白泉社(2014年12月29日時点のアーカイブ)※7月24日発売の同年9月号表紙にて「LaLa 38th ANNIVERSARY!」と記載。
  3. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1979年版』参照。
  4. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1980年版』参照。
  5. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1981年版』参照。
  6. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1982年版』参照。
  7. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1983年版』参照。
  8. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1984年版』参照。
  9. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1985年版』参照。
  10. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1986年版』参照。
  11. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1987年版』参照。
  12. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1988年版』参照。
  13. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1989年版』参照。
  14. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1990年版』参照。
  15. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1991年版』参照。
  16. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1992年版』参照。
  17. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1993年版』参照。
  18. ^ メディアリサーチセンター『雑誌新聞総かたろぐ 1994年版』参照。
  19. ^ 『1997年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  20. ^ 『1998年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  21. ^ 『1999年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  22. ^ 『2000年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  23. ^ 『2011年版 出版指標年報』全国出版協会推定発行部数
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 日本雑誌協会マガジンデータによる1号当たり平均部数。
  25. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|ララ・デラックス : ララ特別編集(白泉社)1983 ※同資料では「1983年8月」の初号のみ記載。
  26. ^ a b 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Lala DX(白泉社)1985 ※同資料では「1985年no.1」からの記載。
  27. ^ a b NDL-OPAC - 所蔵詳細 - 請求記号:Z32-744 ※同資料では「1985年no.1」からの記載。
  28. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|別冊Lala : 別冊ララ(白泉社)1983
  29. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|別冊Lala(白泉社)1984
  30. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|My lala (白泉社)1984
  31. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Wendy Lalaスペシャル(白泉社)1985
  32. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|Cindy Lalaスペシャル(白泉社)1986
  33. ^ AneLaLa:白泉社のマンガ誌が休刊 “お姉さん版”「LaLa」

外部リンク編集