メインメニューを開く

杉原 長氏(すぎはら ながうじ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将使番。祖父は杉原家利、父は杉原家次の弟である杉原源七郎通称は四郎兵衛。正次とも言う。

 
杉原長氏
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 永禄10年(1567年
死没 慶長6年(1601年
別名 正次[1]通称:四郎兵衛[1][2]、法名:空慶
主君 豊臣秀吉徳川家康
氏族 杉原氏
父母 父:杉原源七郎[3]
根村光次の娘
内膳[4]正永、女(高橋右衛門兵衛[5]室)

略歴編集

永禄10年(1567年)、杉原家次の弟・源七郎の子として生まれる。

慶長元年(1596年)より徳川家康に仕える[1]。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いには使番の1人として従軍し、西軍敗走後の追撃で胸に矢を受けて重傷を負ったが、屈せずに首級を挙げた[1]本多正純よりこの話を聞いた家康から傷薬を下賜される。

翌慶長6年(1601年)に但馬国気多郡において1,000石の所領を賜ったが、同年に死去。享年35[1]

長氏の子孫については、嫡流は6代目の杉原正武が舟での納涼の際に悪酔いして川に落ちて死去したことにより、明和2年(1765年)に断絶したが、傍流は明治維新まで存続した。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 堀田 1923, p. 670.
  2. ^ 大日本人名辞書刊行会 1926, p. 1350.
  3. ^ 杉原家利の次男で、源七郎、四郎左衛門正衛。は「義正」ともされる[1]
  4. ^ 父の先だって夭折した[1]
  5. ^ 松平忠直の家臣。

参考文献編集