メインメニューを開く
杉山公園入口の石碑

杉山公園(すぎやま こうえん)は、東京都中野区本町六丁目にある区立公園

概要編集

東京メトロ丸ノ内線新中野駅荻窪方面出入口(1番出入口)近くに所在する敷地面積1294.91㎡の小さな公園であるが、主要幹線道路の青梅街道中野通りの交差点に位置するため知名度が高い。道路交通情報では道路指標として放送されており、都内を走行するタクシードライバーやバス運転手の間では高い知名度で知られている。

園内にはこの土地を寄贈した明治時代の実業家・杉山裁吉(すぎやまさいきち)にちなむ親子三体の「杉並地蔵尊」を彫った石碑が設置されている他、幼児向けの遊具とベンチも設置されている。

2008年9月から地下駐輪場建設ならびに園内整備のため一時閉鎖。2009年4月に有料駐輪場(収容台数240台)[1]が新設された。整備前は北側に設置されていた公衆トイレが東側へ移設され、車椅子でも利用可能な多機能トイレが設置されている。

由来編集

杉山公園の由来について、中野区のHPの説明と、公園内の立て看板の説明には若干の食い違いがある。

その他編集

公園内にホームレス(浮浪者)が集まることから幼児を連れ遊びに来る保護者から中野区への苦情件数が多い。

夏季には夏祭りと盆踊り大会が開催される。

住所編集

  • 東京都中野区本町六丁目15号

交通編集

  • 東京地下鉄新中野駅1番出入口付近
  • 京王バス「杉山公園(新中野駅入口)」下車すぐ

脚注編集

  1. ^ ICカードによる立体機械式システムをため利用には事前登録が必要