メインメニューを開く
本来の表記は「李愔」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

李愔(り いん、621年 - 667年)は、中国の太宗李世民の六男。蜀王に立てられた。

経歴編集

李世民と楊妃煬帝の娘)の間に生まれた。631年に梁王に封ぜられた。633年襄州刺史に任じられた。636年、蜀王に徙封され、益州都督に転じた。639年、実封八百戸を受け、岐州刺史に任じられた。李愔は狩猟を好んで非法の行為が多く、太宗はしばしば叱責し教誨したが、改悛しなかったので、太宗は怒って李愔の封戸と属官の半分を削り、虢州刺史に左遷した。649年、封戸を返還し、千戸に増やした。再び狩猟に出かけるようになり、民間の生業を圧迫した。典軍の楊道整が馬を叩いて諫めたところ、李愔は彼を殴った。650年、御史大夫の李乾祐が李愔の罪を弾劾し、高宗は怒り、李愔は黄州刺史に左遷された。楊道整は匡道府折衝都尉に抜擢された。

653年、同母兄の呉王李恪が罪に落とされると、李愔も廃位されて庶民とされ、巴州に移された。まもなく涪陵王に封ぜられた。667年、亡くなった。咸亨初年、蜀王の爵位と実封を回復され、益州大都督の位を追贈された。昭陵に陪葬され、を悼といった。

子の李璠が蜀王を継いだ。李璠は、武則天のときに帰誠州に流されて死んだ。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻76 列伝第26「蜀王愔伝」
  • 新唐書』巻80 列伝第5「蜀王愔伝」