本来の表記は「李昞」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

李 昞(り へい、? - 573年)は、中国の高祖李淵の父。西魏八柱国のひとり李虎の子。本貫隴西郡成紀県

北周に仕えて安州総管となり、柱国大将軍となった。564年に亡き父が唐公を追贈された際に、その爵位を継ぐことが許され、死後に仁公のを贈られた。

李淵が唐を建てた後、李昞は皇帝として追尊され、廟号を世祖、諡号を元帝とされた。

家族編集

編集

編集

  1. 梁王:李澄
  2. 蜀王:李湛
  3. 鄭王:李洪
  4. 高祖:李淵