李孝

高宗の次男。母は鄭宮人。許王。贈原王・司徒・益州大都督

李孝(り こう、? - 664年)は、高宗の次男。母は鄭氏。中宗睿宗の異母兄である。

李孝
続柄 高宗第2皇子

称号 許王
死去 麟徳元年(664年
父親 高宗
母親 鄭氏
テンプレートを表示

650年永徽元年)、許王に封ぜられた。652年(永徽3年)、并州都督に任ぜられた。658年顕慶3年)、遂州刺史となった。664年麟徳元年)、世を去ると、益州大都督の位を追贈された。を悼といった。

神龍初年、原王に追封され、司徒・益州大都督の位を追贈された。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻八十六 列伝第三十六「原王孝伝」
  • 新唐書』巻八十一 列伝第六「原悼王孝伝」