李 徳林(り とくりん、531年 - 591年)は、中国北朝から代の官僚で歴史家。字は公輔。文と諡される。本貫は博陵郡安平県(現在の河北省衡水市安平県)。李百薬の父。

経歴編集

北魏の鎮遠将軍の李敬族の子として生まれた。博学であり、古典や陰陽の学にも通じていた。また、文章にも秀でていた。北斉天保8年(557年)、秀才に及第して、通直散騎侍郎となった。その後、北周武帝に仕えて内史上士に就任した。

代になると、文帝に仕えて内史令となった。隋がを平定すると、柱国となって、郡公の爵を得た。しかし、後に、懐州刺史に左遷された。591年に61歳で没した。

徳林には、文集80巻が存したが伝わらず、現在みられるのは、「李懐州集」1巻(『漢魏六朝一百三家集』所収)である。また、子に李百薬があり、徳林が果たせなかった、北斉代の歴史書、正史の『北斉書』の編纂を完成させた。

伝記資料編集