李 智雲(り ちうん、604年 - 617年)は、中国の高祖李淵の五男。もとの名は稚詮。楚王に追封された。

経歴編集

李淵と万貴妃の間の子として生まれた。弓射と書をよくした。

617年、李淵が太原で起兵したとき、異母兄の李建成李元吉らとともに河東にいた。李建成らは太原に逃げ去ったが、李智雲はの捕吏につかまって長安に送られた。陰世師によって殺害された。

618年、楚王に追封され、哀とされた。620年太宗の子の李寛が後を継ぎ、李智雲には涼州総管・司徒の位を追贈された。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻64 列伝第14「楚王智雲伝」
  • 新唐書』巻79 列伝第4「楚王智雲伝」