李 朝(り ちょう、生年不詳 - 222年)は、後漢末期から三国時代蜀漢政治家偉南益州広漢郡郪県の人。子は李旦、孫は西晋に仕えて武功を挙げた李毅、曾孫に李釗がいる。

概要編集

郡の功曹となって孝廉に推挙され、臨邛県の令となって成都に戻り別駕従事となった。

219年、群臣が献帝に上表し、劉備を漢中王に推挙したが、その際の文章は李朝が書いたものだった(華陽国志)。

222年、劉備に付き随って夷陵の戦いに参加したが、敗戦後永安にて死去した。

陳寿の書いた『益部耆旧雑記』によると、李朝と弟の李邵と若死にした別の弟はそれぞれ才能と名声があり、当時の蜀漢の人々によって李氏の三龍と呼ばれていた。蜀の名臣を讃える楊戯の『季漢輔臣賛』では、李朝を篤厚不動であり、心ばえよく、蜀の誉れとなる人と評価している。

参考文献編集

正史 三国志 5 蜀書」(陳寿 著、裴松之 注、井波律子 訳)ちくま学芸文庫 ISBN 4-480-08045-7