メインメニューを開く

李 溶(り よう)は、中華民国の政治家。号は鏡泉。原籍は甘粛省蘭州府靖遠県

李溶
新疆汉族文化促进总会成立.jpg
新疆漢族文化促進総会にて(1937年)
中央左が李溶・右が盛世才
プロフィール
出生: 1870年
死去: 1940年民国29年)3月21日[1]
中華民国の旗 中華民国(国民政府)新疆省
出身地: 清の旗 新疆省バルクル県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 李溶
簡体字 李溶
拼音 Lǐ Róng
和名表記: り よう
発音転記: リー ロン
ラテン字 Li Jung
テンプレートを表示

事跡編集

幼年時代は故郷の私塾に通う。後に甘粛省の秋古書院で学んだ。新疆に戻ると、イリ、恵遠(現在の霍城県)で学堂の堂長となっている。

中華民国成立後の1913年民国2年)、参議院議員に選出される。1915年(民国4年)8月、シャヤール県(沙雅県)知事となった。1919年(民国8年)、トルファン県知事となり、トルファン紡績工廠総経理も兼ねる。その後、新疆省議会議長になった。

1928年(民国17年)11月、李溶は新疆省政府主席となった金樹仁の下で省政府委員に起用された。金がクーデターにより逃亡した後の1933年(民国22年)9月、省政府が改組され、劉文竜が省政府主席となったが、そのまま李は留任している。まもなく辺防督弁盛世才がクーデターを起こし、12月には劉を捕縛、軟禁する事件が起きた。盛は朱瑞墀を後任の省政府主席代理として擁立したが、翌年3月に朱は病没する。それを引き継ぐ形で李が省政府主席代理として盛に擁立されている。

結局、国民政府も盛世才のクーデターを黙認・追認せざるを得なくなり、10月、正式に李溶が劉文竜の後任として新疆省政府主席に任命された。しかし、李はあくまで盛の傀儡に過ぎず、実権は盛が掌握している。

1940年(民国29年)3月21日、李溶は省政府主席に在任したまま病没した。享年72。

編集

  1. ^ 劉寿林ほか編『民国職官年表』による。徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は、1941年春に死去としている。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(国民政府)国民政府
先代:
劉文竜
新疆省政府主席
1934年10月 - 1940年3月
次代:
盛世才