メインメニューを開く

李 起鵬(イ・ギブン、이기붕1896年12月20日 - 1960年4月28日)は、大韓民国政治家本貫全州李氏は「晩松」(マンソン、만송)。

李起鵬
Lee Gi-bung.jpg
各種表記
ハングル 이기붕
漢字 李起鵬
発音: イ・ギブン
日本語読み: り・きほう
ローマ字 I Gibung
テンプレートを表示

来歴編集

漢城出身。延喜専門学校(現:延世大学校)を中退して、アメリカアイオワ州のデイボ大学を卒業。

1934年に帰国して、1945年に後に初代大韓民国大統領になる李承晩秘書として政界入りし、1948年には大統領秘書室長、1949年にはソウル特別市長に就任した。1951年国民防衛軍事件申性模国防部長官が解任されると、国防部長官になった。同年に自由党を創党して、1954年には四捨五入改憲を主導する程権力を握る様になり、この頃から彼の邸宅は「西大門景武台」とまで揶揄される様になった。

1960年に、不正選挙を通じて副大統領に当選したが、四月革命で失脚し、景武台(現:青瓦台)に身を避けたが、長男の李康石(陸軍将校で李承晩の養子になっていた)の手によって、朴瑪利亜夫人や次男(李康旭)とともに射殺された(長男も自決した)。李起鵬一家の邸宅は、一家無理心中後に政府に還収され、跡地に「4·19革命記念図書館」が建設された。

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代:
申性模
  大韓民国国防部長官
第3代:1951 - 1952
次代:
申泰英
先代:
尹潽善
ソウル特別市長
第3-4代:1949 - 1951
次代:
金泰善