メインメニューを開く

村田 昇(むらた のぼる、1900年3月17日 - 1981年12月25日[2])は、日本国文学者山口大学名誉教授。

村田 昇
人物情報
生誕 1900年3月17日
日本の旗 日本 愛媛県
死没 (1981-12-25) 1981年12月25日(81歳没)
国籍 日本の旗 日本
学問
研究分野 国文学
研究機関 山口大学
梅光女学院短期大学
称号 山口大学名誉教授
主な業績 古典文芸仏教の関係を研究
主要な作品 『日本文学の仏教的論究』(一橋書房、1952年)他
学会 日本文芸学会[1]
テンプレートを表示

略歴編集

1900年、愛媛県生まれ。別名・穆山人。高等学校教員免許取得[3]。山口大学教育学部助教授、同大学教授、1963年同大学定年退官。同大学名誉教授梅光女学院短期大学元教授。古典文芸と仏教の関係を研究した。

著書編集

  • 『日本文学の仏教的論究』一橋書房 1952
  • 『中世文芸と仏教』一橋書房 1956
  • 『日本古典の仏教的精神』一橋書房 1958
  • 『日本古典文芸美の伝統』平凡社 1961
  • 『近世文芸の仏教的研究』百華苑 1963
  • 『美妙仏 仏道体験』百華苑 1965
  • 『幸福の発見 仏道体験』原写真印刷 (印刷)1967
  • 『俳諧寺一茶の芸術 親鸞教徒の美学』原写真印刷 (印刷) 1969
  • 芭蕉の美学』西日本東洋文化研究所 1969
  • 『大生命 仏道経験』原写真印刷 (印刷) 1971

脚注編集