杜維明(と いめい、Tu Wei-ming, 拼音: Dù Wéimíng, 1940年 - )は中国新儒家の一人。ハーバード大学名誉教授、同大学アジアセンター上級研究員。北京大学人文学主席教授、同大学高等人文研究所所長。

杜維明
人物情報
生誕 (1940-02-06) 1940年2月6日
中華人民共和国の旗 中国雲南省昆明
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ハーバード大学
学問
研究分野 儒学倫理学
研究機関 ハーバード大学北京大学
学位 博士(歴史学・東アジア言語)
特筆すべき概念 文化中国・対話の文明
主な業績 『Confucian Thought』、『The Global Significance of Concrete Humanity』
影響を
受けた人物
牟宗三唐君毅ベンジャミン・I・シュウォルツタルコット・パーソンズロバート・ニーリー・ベラー
テンプレートを表示

略歴編集

雲南省昆明生まれ。1961年台湾東海大学卒業(中国学専攻)。米国ハーバード大学大学院で1963年に修士号(宗教学)、1968年に博士号(歴史学・東アジア言語)を取得。

プリンストン大学東アジア学科助教授(1968年-1971年)、カリフォルニア大学バークレー校歴史学科助教授、准教授、教授(1971年-1981年)を経て、1981年から2010年までハーバード大学東アジア言語・文明学科教授。1996年から2008年までハーバード燕京研究所所長を兼任。現在、ハーバード大学名誉教授、同大学アジアセンター上級研究員及び北京大学人文学主席教授、同大学高等人文研究所所長。長江商学院名誉教授及び人文委員会主席なども務めている。

台湾大学香港中文大学パリ大学などで客員教授を歴任。1990年から1991年まではハワイ東西センター文化・コミュニケーション研究所所長も務めた。国際連合が「文明間の対話年」とした2001年には、コフィ・アナン事務総長が招聘した「賢人会議」に儒教文明の論客として出席。近代西洋の基盤となった啓蒙思想を儒教の観点から批判的に考察し、「文化中国」(cultural China)や「対話の文明」(dialogical civilization)などの新しい概念を提唱した。

キングス・カレッジ・ロンドン、リーハイ大学(Lehigh University)、ミシガン州立大学グランドバリー校(Michigan State University at Grand Valley)、東海大学(台湾)、マカオ大学、山東大学より名誉博士号が授与された。英語・中国語による著書、論文多数。

著書編集

  • Tu, Weiming. (1976). Neo-Confucian thought in action: Wang Yang-Ming's youth. Berkeley, CA: University of California Press.
  • Tu, Weiming. (1978). Humanity and self-cultivation: Essays in Confucian thought. Boston, MA: Asian Humanities Press.
  • Tu, Weiming. (1984). Confucian ethics today: The Singapore challenge. Singapore: Federal Publications.
  • Tu, Weiming. (1985). Confucian thought: Selfhood as creative transformation. Albany, NY: State University of New York Press.
  • Tu, Weiming. (1989). Centrality and commonality: An essay on Confucian religiousness. Albany, NY: State University of New York Press.
  • Tu, Weiming. (1989). Confucianism in historical perspective. Singapore: Institute of East Asian Philosophies.
  • Tu, Weiming. (1993). Way, learning, and politics: Essays on the Confucian intellectual. Albany, NY: State University of New York Press.
  • Tu, Weiming. (2010). The global significance of concrete humanity: Essays on the Confucian discourse in cultural China. New Delhi, India: Center for Studies in Civilizations and Munshiram Manoharlal Publishers.

編著書編集

  • Tu, Weiming. (Ed.). (1991). The triadic chord: Confucian ethics, industrial East Asia, and Max Weber. Singapore: Institute of East Asian Philosophies.
  • Tu, Weiming. (Ed.). (1994). China in transformation. Cambridge, MA: Harvard University Press.
  • Tu, Weiming. (Ed.). (1994). The living tree: The changing meaning of being Chinese today. Stanford, CA: Stanford University Press.
  • Tu, Weiming. (Ed.). (1996). Confucian traditions in East Asian modernity. Cambridge, MA: Harvard University Press.
  • Tu, Weiming, Hejtmanek, Milan, & Wachman, A. (Eds.). (1992). The Confucian world observed: A contemporary discussion of Confucian humanism in East Asia. Honolulu, HI: East–West Center and University of Hawaii Press.
  • Tu, Weiming, & Tucker, Mary Evelyn. (Eds.). (2003/2004). Confucian spirituality (Vols. 1-2). New York, NY: Crossroad.
  • De Barry, William Theodore, & Tu, Weiming. (Eds.). (1998). Confucianism and human rights. New York, NY: Columbia University Press.
  • Liu, James T. C., & Tu, Weiming. (Eds.). (1970). Traditional China. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall.
  • Yao, Xinzhong, & Tu, Weiming. (Eds.). (2010). Confucian studies (Vols. 1-4). London, UK: Routledge.
  • Zhang, Everett, Kleinman, Arthur, & Tu, Weiming. (Eds.). (2011). Governance of life in Chinese moral experience: The quest for an adequate life. London: Routledge.

論文編集

  • Tu, Weiming. (1991). A Confucian perspective on global consciousness and local awareness. International House of Japan Bulletin, 11(1), 1-5.
  • Tu, Weiming. (1998). Mustering the conceptual resources to grasp a world in flux. In Julia A. Kushigian (Ed.), International studies in the next millennium: Meeting the challenge of globalization (pp. 3–15). Westport, CT: Praeger.
  • Tu, Weiming. (1999). A Confucian perspective on the core values of the global community. Review of Korean Studies, 2, 55-70.
  • Tu, Weiming. (2001). The global significance of local knowledge: A new perspective on Confucian humanism. Sungkyun Journal of East Asian Studies, 1(1), 22-27.
  • Tu, Weiming. (2002). Beyond the Enlightenment mentality. In Hwa Yol Jung (Ed.), Comparative political culture in the age of globalization: An introductory anthology (pp. 251-266). Lanham, MD: Lexington Books.
  • Tu, Weiming. (2008). Mutual learning as an agenda for social development. In Molefi Kete Asante, Yoshitaka Miike, & Jing Yin (Eds.), The global intercultural communication reader (pp. 329-333). New York, NY: Routledge.
  • Tu, Weiming. (2008). Rooted in humanity, extended to heaven: The "anthropocosmic" vision in Confucian thought. Harvard Divinity Bulletin, 36(2), 58-68.
  • Tu, Weiming. (2009). Confucian humanism as a spiritual resource for global ethics. Peace and Conflict Studies, 16(1), 1-8.
  • Tu, Weiming. (2012). A spiritual turn in philosophy: Rethinking the global significance of Confucian humanism. Journal of Philosophical Research, 37, 389-401.
  • Tu, Weiming. (2014). The context of dialogue: Globalization and diversity. In Molefi Kete Asante, Yoshitaka Miike, & Jing Yin (Eds.), The global intercultural communication reader (2nd ed., pp. 496-514). New York, NY: Routledge.

関連文献編集

  • 中村俊也『新儒家論―杜維明研究』(亜紀書房)1996年
  • マジッド・テヘラニアン/デイビット・W・チャベル編(戸田記念国際平和研究所監訳)『文明間の対話』(潮出版社)2004年
  • 福原義春・樺山紘一編『解はひとつではない―グローバリゼーションを超えて』(慶応義塾大学出版会)2004年
  • 服部英二監修『文化の多様性と通底の価値―聖俗の拮抗をめぐる東西対話』(麗澤大学出版会)2007年
  • 土田健次郎編『21世紀に儒教を問う』(早稲田大学出版部)2010年

外部リンク編集