メインメニューを開く

東オングル島(ひがしオングルとう、: East Ongul Island)とは、オングル島を構成する2つの島の1つ(もうひとつは西オングル島)。面積は約3平方キロメートルリュツォ・ホルム湾の東側に位置し、北部には日本の南極地域観測隊昭和基地がある。東オングル島周辺には、西オングル島、テオイヤ、オングルカルベンなど大小の島が集まってオングル諸島を形成しており、幅約4 - 5キロメートル、水深約600メートルのオングル海峡を挟んだ東側に南極大陸がある[1]

East Ongul Island
東オングル島の位置(南極大陸内)
東オングル島
地理
場所 南極
座標 南緯69度1分 東経39度35分 / 南緯69.017度 東経39.583度 / -69.017; 39.583座標: 南緯69度1分 東経39度35分 / 南緯69.017度 東経39.583度 / -69.017; 39.583
行政
None
人口統計
人口 Uninhabited

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ シリーズ「昭和基地だより」”. 公益財団法人日本極地研究振興会 (2016年9月20日). 2018年6月16日閲覧。