西オングル島(にしオングルとう、: West Ongul Island)とは、南極にあるオングル島を構成する2つの島の1つ。リュツォ・ホルム湾の東部に位置し、東オングル島の西側にある。面積は約10平方キロメートル、最大標高は約40メートル。1957年1月29日、日本の第1次南極地域観測隊が最初に上陸したのはこの島であり、2007年5月12日には第48次越冬隊が当時の上陸地点を確認し、日の丸掲揚に使った竹竿3本を発見している[1][2][3]

脚注編集

  1. ^ “南極観測隊50年前の上陸地点判明!” (PDF) (プレスリリース), 文部科学省南極地域観測統合推進本部国立極地研究所, (2007年5月25日), オリジナルの2007年9月28日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070928040807/http://polaris.nipr.ac.jp/~kouhou/news/news070525/Press190525.pdf 
  2. ^ 宮岡宏 「極地豆辞典「第1次隊による南極上陸式と昭和基地の命名」」 『極地研NEWS』 187号 国立極地研究所広報企画委員会、16頁、2008年9月。ISSN 1347-6483http://id.nii.ac.jp/1291/00012454/ 
  3. ^ 神沼克伊 『白い大陸への挑戦――日本南極観測隊の60年』 現代書館、2015年11月15日、46-48頁。ISBN 978-4-7684-5771-9