メインメニューを開く

東北地方の子守歌(とうほくちほうのこもりうた)は中国東北地方で歌い伝われている代表的な子守歌。

東北地方の子守歌
各種表記
繁体字 東北搖籃曲
簡体字 东北摇篮曲
拼音 Dōngbĕi Yáolánqŭ
発音: ドンベイ ヤオランジュー
英文 Northeastern Cradle Song
テンプレートを表示

概要編集

中国には各地に独特の民謡がある。その中でも、「東北地方の子守歌」は東北地方を代表する民謡で、中国全土でもよく知られている。東北地方の40代の女性はほぼ全員が知っているほど、子守歌としてよく歌われる。

もともと、大連市の当時「新金県」と呼ばれていた普蘭店区で、大連歌舞団の鄭建春団長が1960年代に採譜したといわれている。[1]

歌詞編集

歌う人により歌詞が異なるが、以下は遼寧省大連でよく歌われる歌詞である。

中国語 日本語訳
簡体字: 东北摇篮曲
  1. 月儿明,风儿静 。
    树叶挂窗棂。
    小宝宝,快睡觉。
    睡在那个梦中。
  2. 月哪个明,风儿哪个静,
    摇篮轻拍动,
    娘的宝宝闭上眼睛,
    睡呀睡在那个梦中。
中国・東北地方の子守歌
  1. 月が出て、風もなく、
    木の葉が窓に掛り。
    我が子よ、ねんころりん、
    夢を見て眠れ。
  2. 月が明るく、風も静か、
    揺り籠がゆっくり動いている。
    私のかわいい子よ、目を閉じて、
    眠れ、あの夢を見て眠れ。

2番目の歌詞は、ステージで歌うようなときには、こぶしをきかせて歌う。

参考編集

参照項目編集

外部リンク編集