メインメニューを開く

東山湛照(とうざん たんしょう)は、鎌倉時代後期の臨済宗

東山湛照
寛喜3年 - 正応4年8月8日
1231年 - 1291年9月2日
十地[1]
諡号 宝覚禅師[1]
生地 備中国[1]
宗旨 臨済宗
寺院 京都三聖寺
円爾
弟子 松嶺智義無才智翁愚直師侃師錬無門師門月浦湛環江山師籍夏雲師悦石林師泉肯庵無伝師円首座師東首座師寬首座西浦師曇[2]
著作 『宝覚禅師語録』[1]

経歴・人物編集

京都東福寺円爾の法を嗣ぎ、三聖寺開山となる。のち円爾が寂すと東福寺住持を継ぎ、同寺2世となる[1]。晩年は三聖寺に退隠し、虎関師錬らを育てた[1]。盗賊に襲われ刺殺されたとする資料もある[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『東山湛照』 - コトバンク
  2. ^ 人名規範資料庫、2019年1月29日閲覧。
  3. ^ 『東福寺誌』正応四年八月七日条